全力で逃げるトラブル。受け入れているトラブル。

独立

トラブルはないほうがいいわけですが、起こるものは仕方ありません。

ただ、トラブルから気づくこともありますし、対処できることもあります。

トラブルは誰もが避けたい

 

行動すれば、何かしらのトラブルに出会うことがあります。
トラブルはできるだけ避けたいもの。

 

  • 車が故障した
  • 事故で電車が停まっている
  • 洗濯機が壊れる
  • モバイルオーダーが使えない
  • 停電になる

 

予測できないものがほとんどで、その解決には手間も時間もかかります。

ときにはトラブルによって凹むこともあります。

 

特に避けたいのは、人とのトラブル。

もめることだけがトラブルではなく、じぶんの心が揺れればそれもトラブルのうち。
できるだけ避けたいものです。

 

人とのトラブルを避けるには?

 

人とのトラブルを避けるためにやっているのは、合わない人と距離をとるということ。
じぶんを否定されるような場所にいけば、凹みますし、モヤモヤします。

「拡大してなんぼ」
「発信して意味ある?」
「スーツ着ないなんて」
「ひとを雇わないなんて」
「仕事を紹介しあわないと」

考え方はそれぞれですが、考えを押し付けられるのは避けたいもの。

心穏やかに過ごすこともできなくなります。

 

そうしたトラブルになるのを避けるために、そういう場所にはいかないようにしています。

 

とはいえ、合うか合わないかは触れてみないことにはわかりません。
そこで発信をしてじぶんのことを先に出しています。

 

先に出しておけば、合わない人は来ません。逆に合う方に見つけてもらうこともできます。
合う方であれば、トラブルになる可能性は極小です。

 

トラブルをいい方向に考えるとすれば、よくも悪くも発見があること。
トラブルがあれば、対処することにも気づけます。

 

いっぽうで、わたしがやむなく受け入れているのは、ITトラブルです。

 

ITトラブルはなんとかできる

 

パソコンを使っていたり、ソフトを使っていると何かしらのトラブルはあります。

これまでに体験したものは、次のようなものです。

  • パソコンが固まった
  • ネットがつながらなくなった
  • サーバーにアクセスできなくなった
  • 急にエラーがでるようになった
  • ブログの表示が崩れた
  • プログラミングを書いたけどエラーになる
  • オンラインで使うカメラの温度が高くなりダウンした

 

ITのトラブルもないほうがいいのですが、こちらはトラブルがあってもじぶんでなんとかできることです。

他人の影響しない話ですから、やりようはあります。

 

  • 対処方法を考える
  • もう1台のパソコンを使う
  • Wi-Fiのモデムを変える
  • トラブルに対処するうちに腕が上がる
  • やり方を見直す

 

トラブルを通じて

  • 対策するべきことに気づける
  • ITに強くなれる

という面もあり、単なるデメリットにはなりません。

 

トラブルも考え方次第。

対処できるトラブルは受け入れて、受け入れることのできないトラブルとは、徹底的に距離をとればいいかと。

 


【編集後記】
昨日はお客さまと打合せ。HP談義も。その後にスタバに行ったらモバイルオーダー&ペイでコーヒーが何故か注文できず。よく見たらメニューにコーヒーがありませんでした。いつも履歴から注文するのでしばらく気づかず。で、カフェアメリカーノを注文。コーヒーがないのは想定外でした…。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
弥生会計23
とあること