CSVファイルを開いたときに文字化けしたときの解決策。

Excel

CSVファイルを開いたら文字化けしていた…ということもあるでしょう。

その場合、もうデータが使えないというわけではありません。CSVファイルの開き方を変えることでファイルを開くことができます。

その方法についてまとめてみました。

CSVファイルを開いたら文字化け…

 

CSVファイル。仕事では使う場面もあるでしょう。

  • システムやソフトからダウンロードできるデータ
  • ネットからダウンロードできるデータ

など、その多くがCSVファイルです。

 

CSVファイルというのは、ざっくり言えばカンマで区切られたデータのことです。

ファイルをダブルクリックすると、Excelが起動してファイルを開くことができるのですが、いざファイルを開いてみるとときに文字化けしていることがあります。

GOforIT

このときにファイルが壊れているからと、削除する必要はありません。
回復できる方法はあります。

 

ファイルの開き方を変えてみる

 

文字化けしていた場合、原因の1つはコードの違い。

CSVファイルを保存する場合、通常、CSV(コンマ区切り)で保存します。Shift-JISという文字コードが既定です。

GOforIT 2

ただ、これとは別に、CSVファイルの保存形式にはもう1つ、UTF-8という文字コードもあります。

GOforIT 1

 

 

もし、UTF-8のコードで保存されたCSVファイルをダブルクリックして開くと、前述したように文字化けすることになります。

MacのExcelファイル、GoogleスプレッドシートのデータはCSVファイルの文字コードがUTF-8のケースがあります。

 

ファイルを開いたときに文字化けしてしまう場合は、次のように対処しましょう。

まずExcelを起動し、

GOforIT

「データ」タブの「CSVから」を選び、

GOforIT 4

文字化けしたファイルを選びインポートをクリックしましょう。

GOforIT

プレビュー画面でUTF-8なら、データが正しく表示されるのがわかります。読み込みをクリックすると、

GOforIT 12
文字化けしたデータから正しいデータを取り戻すことができます。

GOforIT 11

 

データがあればなんとかなる

 

ファイルを開いたときに文字化けしていると、戸惑うかもしれません。

でも、ファイルを開けるのであれば何かしらの手を打てます。

今回の場合もダブルクリックしたら文字化けするのですが、

Excelを開いてデータを読み込む
文字コードを正しくする

ということをすれば大丈夫です。

データがあれば、なんとかできるという場面はけっこう多いものです。

 

以前にもWordPressのフォームの文字が崩れるというので、記事を書いていました。

WordPressプラグイン Contact Form 7の自動返信メールが文字化けした場合の対処法 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

データさえあれば、意外となんとかできるものです。

 


【編集後記】
昨日は税理士業で法人の決算、セミナー準備などを中心に。夕方に子どもたちと本屋へ。長女(13)の文房具を一緒に選んだり、それぞれ欲しいモノを買いました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
コンフィチュールアッシュ ロールケーキ
キャプテン翼マガジン14