Adobe PhotoShopで写真を白黒やセピア調にする方法。

IT

Adobe PhotoShopで一瞬でカラー写真を白黒やセピア調にすることができます。

その流れをまとめてみました。

カメラでモノクロの写真を撮るには

今使っているカメラ、SONYのα7Cにはクリエイティブモードというのがあります。

IMG 9393

たとえば、このような写真を、

DSC07821

設定変更してで白黒にしてから撮影したり、

DSC07819

セピアで撮影することができます。

DSC07820

白黒で撮ったり、セピアで撮ることで印象がまた変わるのも楽しめるポイントです。

とはいえ、カメラの場合にはその都度設定を変えなければいけませんし、同じような写真を3回撮ることにもなるわけです。

AdobeのPhotoShopを使えば、1枚のカラー写真から白黒やセピアの写真にすることもできます。

PhotoShopでカラーを白黒に

Adobe PhotoShopは写真を編集したり、加工できるソフトです。

デジカメで撮る写真は容量が多いのですが、Web用に容量を圧縮したり色味や明るさを変えたりとできることも多いです。

PhotoShopの画面、このような写真を取り込み、

GOforIT 9

レイヤーパネルの塗りつぶしまたは調整レイヤーから「白黒」を選ぶと、
GOforIT 6

白黒の写真になります。

DSC07839

PhotoShopの特徴は、写真自体を加工しないこと。

GOforIT 7

もとの写真を背景とし、その上に調整レイヤーをおくことで、いつでも変更ができるわけです。いわばミルフィーユのような状態です。

目のマークをクリックすれば、上に重ねた「白黒」のレイヤーは非表示となり、もとのカラーの写真が表示されるわけです。

GOforIT 8

先日会った友人を後ろから撮影した 1枚。

DSC08013

白黒にして、「レベル補正で」コントラストを調整してみました。

DSC08013

コントラストの上げ下げも。明るくしたいところを明るく、暗く影を入れたいところを暗くということもできます。

GOforIT 10

PhotoShopでセピアにする

同じようにPhotoShopでセピアの写真をつくることもできます。

今度は先程のレイヤーではなくアクションのタブにある「セピアトーン(レイヤー)」を選び、下にある「▶」のマークをクリックすれば、

 

このカラーの写真を

DSC07832

 

セピア調の写真に変えることができます。けっこう味があってセピアもわたしは好きです。

DSC07832

 

レイヤーのタブを確認すると、「色相・彩度1」の調整レイヤーが追加されています。ここでセピアが設定されています。やはり、もとの写真を「背景」として、直接加工はしていません。
GOforIT

先程の白黒と重ねあわせて、表示非表示で比べてみることもできます。

 

PhotoShopを使えば、写真を撮るときに現地でいちいちカメラ側で設定変更をしなくても、あとで調整することもできますし、一瞬で加工できるのも魅力です。

写真を撮ることの楽しむと、写真の色味や明るさを変えてみるということも楽しみの1つになります。

撮影と加工の共存を楽しんでみてはいかがでしょうか。
デザインの初心者でも、プロが使うツールを使うことで、わずかながらも近づくことはできますし、こだわりも出せます。


【編集後記】
昨日は法人の決算。贈与コンサルの準備などを。夜はとある件で家族会議でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Dropbox Shop申請