人と違う道を行くのも楽しめるもの。

独立

世の中とじぶんの行動が違うと、戸惑うこともあるかもしれません。

ただ、多数派と同じように行動することがいいとも限りません。世の中のとらわれずにあえて人と違う道を行くのもありです。

家と家の間にある道

 

冒頭の写真は、先日訪れた有馬温泉街での光景。

 

家と家の間に細い道があり、奥の階段から上に登ることができます。
こうした道、都心ではなかなか見ない光景です。

 

家と家の間の道の奥に階段があるという場所がどれほどあるのか。
江ノ島とか昔の景観を維持するような場所ならありそうですが。

 

こういう道を見つけると、抜け道のようにも感じてついつい通りたくなります。
多くの人が通らないであろう道、普通と違うからこそ味があります。

 

人と違うことはいいこと

 

世の中の多数派とじぶんが違うと、戸惑うこともあるかもしれません。

 

でも、みんながやっているからそれがいいとも限りません。
むしろ、たくさんの人がいることで並ばないといけませんし、5分で買えるコーヒーを20分かけて手に入れることを意味します。

 

  • スタバで行列に並ぶかどうか
  • コンビニでレジにならぶかどうか
  • 人気スポットに行くかどうか

じぶんが望むならまだしも、そうでなければみんなにあわせる必要もありません。

むしろ人と違う道を行ったほうがいいケースもあります。

スタバならMobile Order & Payを使えば、みんなと同じように並ばなくてもコーヒーを受け取れますし、

GOforIT 4

コンビニにセルフレジがあれば、セルフレジを使えば早く精算できます。

人が多い場所に行くにも、渋滞や行列を避ける方法も世の中と視点をずらせばあるものです。

そう考えると、多くの人と動きを変えるのにもメリットはあります。
むしろ人と違うことはいいことだともいえます。

 

人と違う道を探す

 

常識とやらをまともに受け止めると思考停止してしまいます。
ルールに触れなければどう動くか、何を選ぶかは自由です。

 

わたしも独立当初、税理士業界の常識にとらわれた時期はありました。

  • スーツ
  • 革靴
  • 電卓
  • 繁忙期
  • 固定電話・FAX

などなど。
それまでの勤務先で見てきた景色を前提にしていました。

ただ、それは必要なかったなと。
それがじぶんにあわないのであれば、やめてしまいましょう。

 

今は上記のどれにも縁がない生き方をしていますし、こうして毎日発信するという習慣をもてています。

 

発信もどちらかといえば、少数派です。
ただ、少数派だからこそ違いにもなりますし、見つけてもらいやすくなります。

だから、今は人と違う道を楽しんでいます。

 

周りを見渡せば、じぶんと同じような人はいませんから、人と違うことに不安に覚えることもあるかもしれません。
でも、前述したように人と違う道を歩くことでのメリットもあります。

 

じぶんが望む道があるなら、数に屈することなく、堂々と少数派を楽しみたいものです。

 


【編集後記】
昨日は法人の決算、相続、午後から私用で外出でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある契約