Mac(パソコン)で使うバッテリーの選び方。純正・軽さ・パワー

MacBook Air(M2 2022)

Macのバッテリーもちは長いですが、なにかあったときのために持ち歩いています。
どんなバッテリーを選ぶか。その考えをまとめてみました。

バッテリーを持ち歩く条件

 

現在使っているパソコンはM2チップのMacBook AirとM1ProチップのMacBook Pro。
どちらもバッテリーにつながずに長い時間使うことができます。

 

以前は、充電していない状態で外で使っていれば、たちまちバッテリーが減っていました。
コンセントのある場所を探していたほどです。

 

今のM1チップやM2チップのMacではバッテリーを外で使うことはほとんどありません。

となると、バッテリーはいらないか。

 

そうとも言い切れません。

使わないとしても、もしもの場面はあるかもしれません。
そういうときにバッテリーがなくて、パソコンが充電できない…となると困ります。

 

さらに旅行などで家を離れるようなケースもあります。バッテリーも必要でしょう。
ただ、リュックに入れて持ち歩いています。重さも考えておきたい。

そこで充電速度が速く、なるべく軽いバッテリーを選びたいものです。

Macのバッテリーをどうするか?

MacのバッテリーはMacBook Airで30W。MacBook Proで67Wが標準。オプションで別のタイプに変えることができます。

今回MacBook Airを買ったときに選んでみたのが、MacBook Airの35Wのデュアルアダプタ。
USB-C端子が2つついています。

DSC07151

標準のMacBook Airのバッテリーに比べるとひとまわり小さいです。
DSC07150

重さは変わらずひとまわりコンパクトになっています。ただ、端子が2つになった分値段は高いです。

ただ、これがコンパクトで使いやすいかといえば、そうでもありません。
通常のバッテリーと違ってコードを上に出さないと下のコンセントとぶつかりますし、

DSC07155 2

幅があるので、電源タップをつかうときに隣のタップを使いにくなったりも。
GOforIT 1

もし、Macと iPhone または iPad を接続した場合、それぞれに最大17.5Wの電力。
…ということはMacを速く充電したいという場合には、端子を2つとも使わないほうが速く充電できます。

USB-C端子1つでの利用が現実的でしょうね。それでいて値段が高い…。
追加で3,000円払うなら、標準の30Wのバッテリーでいいかなと。

 

ま、なんとなくわかっていましたけど、すでに標準の30Wバッテリーをを持っているので、ネタで買ってみました。

 

パワーと軽さを兼ね備えたバッテリー

 

パワーもあって、軽さもというなら市販のバッテリーを選ぶのも手です。

DSC07157

左からMacBook Proの67Wバッテリー、MacBook Airの35Wデュアルバッテリー、RAVPower 61Wバッテリー、Anker 65Wバッテリーです。

それぞれの性能をまとめてみると、こんな感じです。

AppleのMacBook Proのバッテリーが67Wで205g。
いっぽうで、AnkerやRAVPowerのバッテリーは出力はさほど変わらず、重さは半分ほどです。

値段から考えれば、AppleよりAnkerやRAVPowerのほうがコスパは高いと言えるでしょうね。

 

では、わざわざ買う必要があるかどうか。軽さがほしいなら買うのも手です。

DSC07161

同じくらいのパワーでも、サイズ感はこれだけ違います。

DSC07158

持ち歩くとなるとパワーと軽さを兼ね備えたバッテリーは魅力です。

 

ということで、Macのバッテリーの選び方をまとめてみました。
標準のバッテリーを使わないという道もあります。参考にしていただければ。

 


【編集後記】
昨日は午後から株価評価の打合せ。今後の方向性を決めました。夜はお祝いのデザートを。長女(13)も長男(7)もレベルが1上がりました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある状況で打合せ
たねや わらびもち