GAS(GoogleAppScript)をスプレッドシートの画面で動かすショートカットキー。

GAS入門

GAS(GoogleAppScript)をつかってGmailなどGoogleサービスのデータを取り出すことができます。

そのGASをスプレッドシート上でショートカットキーを使って動かすこともできます。

GASのプログラムを動かすには?

 

GAS(GoogleAppScript)はGoogleのサービスの操作を自動化するプログラミング言語です。
Googleのサービスに自動でお願いしたいことを伝えることができます。

 

GASを動かすには、Googleドライブからスプレッドシートやドキュメントを起動し、メニューからAppsScriptを開きます。

 

このまっさらな場所にGoogleがわかるようにプログラムを書きます。

GOforIT

 

書いた後に保存してから[実行]をクリックするとGASを動かすことができます。

GOforIT

スプレッドシートに戻ると、データが書き出されています。
GOforIT

 

ここで、スプレッドシートのメニューからAppsScriptを選び、またスプレッドシートに戻るというのも手間です。
スプレッドシートを表示した状態で、GASを動かすこともできます。

 

スプレッドシートからGASを動かすには?

 

GASで複数のプログラムを書いている場合、どのプログラムを動かすかを[デバッグ]の右側で選ぶことができます。

GOforIT

 

同様に。スプレッドシートから動かすこともできます。

 

スプレッドシートのメニューにある[拡張機能]から[マクロ]→[マクロをインポート]をクリックすると、

GOforIT

 

すでに書いたプログラミングのタイトルが表示されます。

GOforIT [関数を追加]をクリックすると、GASをスプレッドシートにインポートすることができます。

1つのシートに複数のプログラミングを書いていると、「function 〇〇〜」の〇〇(タイトル)ごとに別のプログラムとして扱ってくれます。

GOforIT 11

関数というのは、Excelに慣れていると変な感じもしますが。

 

追加したあとは、[拡張機能]から[マクロ]をクリックするとGASを動かせるようになります。

GOforIT 13

 

GASのショートカットキーをつくれる

 

ショートカットキーを使いましょう。
メニューから選ばずともGASを動かすことができます。

 

GAS上で実行するショートカットキー

 

AppsScriptでプログラムを動かす場合には、Ctrl+R(Macならcommamd+R)で動かすことができます。

 

スプレッドシート上でGASを動かすショートカットキー

 

スプレッドシートを表示した状態で、ショートカットキーをつくることもできます。

[拡張機能]から[マクロ]から[マクロを管理]をクリックすると、

GOforIT 15

ショートカットキーをつくる画面になります。選べるのは数字だけですが、ショートカットキーをつくっておくと、GASを動かしやすくなります。

GOforIT 14

画面はMacのものですが、Windowsでも同様に設定ができます。Ctrl+Alt+Shift+1といったように。

GOforIT

 

せっかく使うなら好みにあわせて使いやすくしたいものです。
これからGASをやってみようという方に参考にしていただけるとうれしいです。

 


【編集後記】
昨日は打合せ、その後に翌週のコンサルの資料を準備したりなど。夜はマリオストライカーズを長男(7)と。ドラクエ10の発売日が9月になっていました。Amazonで予約しているのはSwitch版ではなくPS5版。まだ本体が手に入っていないのですが、それまでには手に入っているだろうという期待のもと強気に予約。(PS5版で予約し直そうと思ったら、すでにPS5版で予約していたのを忘れていたのはここだけの話です。)

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある契約