フリーランス・社長が数字をやわらかくする工夫。

フリーランス

数字をチェックするにもカンタンではありません。
数字の表現を工夫してやわらげてることはできます。

 

数字がわかりにくいなら

 

じぶんで経理をやりたいという方も増えてきたものの、数字を見ることが苦手だという方は多いです。
でもこれは当たり前のことです。これまでやったことがない経理。すぐに数字に慣れるなんてことはないでしょう。

 

とはいえ、経理をじぶんでやるなら現状を知っておきたいもの。
ただ、会計ソフトにずらーっと並ぶ数字を見ていても、その変化はつかみにくいかと。
数字だけ見ていてもわかりにくいですし、桁数も多いですし。

 

 

数字を見ていてもわからないというのであれば、数字をやわらかくしてみましょう。
数字の動きをチェックするために工夫できることはあります。

 

数字をやわらかくする工夫

 

会計ソフトの数字だけを見ていてもわからない場合には、次のようなことを試してみましょう。

 

グラフにする

 

気になる数字はグラフにしてみましょう。

 

売上、経費、利益、お金の推移。
興味のあるところからグラフにしてみることです。

ただ、会計ソフトにあるレポートは使いにくいかと。わたしは使いにくいです。

 

Excelでやってみましょう。
推移表などをCSVファイルでダウンロードし、Excelでグラフにしてみましょう。

数字を範囲指定して、Alt+F11でグラフにすることができます。

 

3年分の数字を月別にグラフにしてみたり、

GOforIT

 

折れ線グラフなどにしてみると数字ではわからなかったことも見えてきます。

GOforIT

 

千円単位にする

 

数字の単位を小さくしてみましょう。

13,086,672円とか12,108,724円といった数字が並んでいるのをパッと見てわかるかといえば、そうでもないでしょう。

そこで単位を小さくします。千円単位に。

 

Excelだと、Ctrl+1でセルの書式設定。表示形式→ユーザ定義で「#,##0」を選び「,」をつければ

 

千円単位にできます。

「,,」にすると百万円単位になりますが、そこまではなくてもいいかと。

 

じぶんの数字に慣れるために

 

わたしの知る限り、数字が得意という方はそれほどいません。私も含めて。

 

ただ、数字のいいところは、お金、利益、売上、経費が単に多いか少ないかだけでなく、具体的な金額でわかるという点。

  • お金がいくらあるか
  • 何にいくらかけているか
  • 利益がどのくらいか。
  • 税金はいくらくらいか
  • これからどうするか

 

という全体がざっくりとわかればいいかと。見るときは円単位までいらないです。(税金の計算では合わせないといけないですけど)

もし気になれば細部を見にいくというイメージです。

 

細部まで押さえようとすると、なかなか数字をチェックすることに馴染めません。イヤになってしまうかと。
判断には木でなく、森が見えれば足ります。

 

ただ、数字をチェックするスキルは人生で必要なものです。
敷居が高いならやわらげつつ、カラダに馴染ませていきましょう。

 


【編集後記】
昨日は午後からお客さまと打合せ。夕方に写真を取りに行こうと思ったら大雨になり中止…。週末にでも行こうかと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ネットでとある手続き
亀屋芳広 どらやき