「疲れたかも…」と感じたときの回復術と対策として続けていること。

ライフ

疲れを感じたらすぐに回復できるようにしています。
ひとりを選ぶ以上、疲れを長引かせないことは必要です。

カゼを引かなくなった

 

独立後の大きな変化の1つは、病気にならなくなったこと。
勤務していたときは、毎年1回はカゼをひいて会社を休むことがありました。

 

過去をさかのぼれば、正月からインフルエンザになったことも。
妻や長女にもうつして、1月7日まで2人でずっと寝ていたこともありました。
長女は2日ほどで回復しましたが。(長男がうまれる前の話です)

これが本当の意味での寝正月、とネタにしていましたが。

 

それはそれとして。
独立してからはカゼを引くことがなくなりました。

 

正確に言えば、独立後の2017年2月17日以降、病気で寝込んだことは一度もありません。
(まぁ今後はわかりませんが)

 

その理由があるとすれば、異変に対処するのが早くなったこと。

 

体調には調子がいいとき、そうでないときがあるものです。
疲れれば、カラダだけでなく、頭も働かなくなりますし、それに伴って気持ちも乗らなくなります。

 

「病は気から」といわれるように、体調をよくするということと、心の安定は無関係ではないでしょう。

 

その両方の対処をしています。

 

疲れたときの回復術

 

今は何かしら疲れを感じたら、すぐに休んで回復させるようにしています。

 

たとえば、昼間に疲れを感じて眠くなったら、寝るようにしています。
長時間ではありません。時間にして午後、20分ほどです。

 

眠いのに無理して仕事を続けても、集中しにくく、効率も上がりません。

 

それなら割り切っていっそのこと寝ます。時間を20分と決めて。
布団では寝ません。
机にうつぶせ寝するようにしています。それならすぐに目が覚めます。

 

起きてからシャキッとして、かえって仕事に集中しやすくなります。

早めのランチをとったあとに使っておきたい「寝る」のスキル – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

眠くなるということは疲れがあるということ。
その都度に対処して、回復をしているというイメージです。

と考えると、回復の手段としては昼寝も戦術のうちです。

 

ただ、勤務しているときはこれが禁じ手になることがほとんどでしょう。
サボっていると思われますから。

 

また、夜に疲れを感じたときも、すぐに寝ています。
先日もすぐに寝ました。遊んでいる子どもよりも先に…。

ファイル 2022 05 07 13 56 45

もう少し起きていたいというときもありますが、これも割り切って。
それで朝起きたときには、回復しています。

 

結局、疲れを感じたときにすぐに対処するというのが、病気しにくくなった原因だと考えています。

 

病気にならない対策として続けていること

 

そもそも、疲れにくくすることも必要でしょう。
ひとりを選ぶ以上、その対策も欠かせません。

次のようなことをやっています。

仕事を入れすぎない

 

1日に仕事を入れすぎないようにしています。
打合せが3つもあると疲れますし、急な仕事や期限が迫った仕事、手数が必要な仕事はより疲れやすいもの。

夜に税理士業をやっていません。
朝から晩まで仕事をするとなると、勤務時代と同様で疲れます。

 

そのためにも仕事の数を増やしすぎないようにしています。

人を選ぶ

 

誰と仕事をするか。

  • 考え方が合わない人
  • 怒りっぽい人
  • 無理難題をいう人

は避けています。

 

どんな仕事をやるかとともに、誰と仕事をするかは疲れに大きく影響します。
過去にはそういう仕事もありましたが、現在はありません。

 

毎朝に運動する

 

毎朝、ランニングやウォーキングをやっています。

 

適度な運動も疲れを減らすために必要です。
体力を使いますが、運動をすることで心の疲れの対策になります。

 

運動をするとセロトニンというホルモンが分泌されます。
このセロトニンが不足すると、うつや睡眠の障害が出るとのこと。

 

心の疲れを減らすための策として続けています。

 

気分転換する

 

1つのことをずっと続けるのは疲れます。
特に税理士業は。

 

疲れが出てきたら、気分転換で違う仕事をしたり、場所を変えるというのをやっています。
座って仕事をしていたら、たまに立って仕事をするというだけでも気分転換になります。

 

日中でも気分転換で読書をしたり、写真を撮ることも独立した現在はできますので。

 

病院へ行く

 

少しでも気だるさを感じたら、病院に行くようにしています。
早く病院に行って薬をもらうこと1つでも、疲れから病気に引っ張られないコツだと考えています。

 

病院に行くのは、体調に異常が出てからと考えがちですが、本格的になる前にセーブする意味でも効果の大きいものだと感じています。

 

ひとりであれば、体調管理は必須で病気になって寝込むことは避けたいもの。
疲れを回復できる自分なりの方法を見つけておきましょう。

 


【編集後記】
昨日は相続の仕事をし、オンラインセミナーを受講でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
PhotoShopでぼかしギャラリー