ショートカットできること・時間がかかるものとあきらめていること。

独立

ショートカットできれば効率化になります。
ただ、ショートカットすることがむずかしいこともあります。

はじめてやることには時間がかかりますし、そういうものだと考えています。

ショートカットで速くなる

 

ショートカットできると、ラクです。

 

たとえば、Excelの操作。
ショートカットキーを使えば、その分操作は速くなります。
Ctrl+Cでコピーし、Ctrl+Vで貼り付け。

 

関数を使えば、数字を入れれば計算してくれますし、

GOforIT

ピボットテーブルを使えば、集計も一瞬です。

GOforIT

Windowの分割はWindowsキー+「→」で。

GOforIT

 

他にもGoogle ChromeでGmailを起動するにもショートカットキーを設定できます。
ショートカットキーを使えば、操作にかける時間も少なくなりますし、効率化にもなります。

Google Chromeからワンタッチ起動 おすすめショートカットキーの設定方法(Gmail・Feedly・Google翻訳・Evernote Web Clipper) – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

レジはセルフレジを、注文もモバイルオーダーを使えば、行列に並ぶことなく商品を受け取ることができ、ショートカットできます。

そのいっぽうで、ショートカットできないこともあります。

芽が出ていないことはショートカットできない

 

新しくやることをショートカットするのはむずかしいです。

たとえば、新しくプログラミングを書いてみても、まず書くのに時間がかかります。
書き方もわからないところからスタートですから。

さらに書いても、エラーが出れば原因を探して書き直ししないといけません。

 

このブログもそうです。

独立してじぶんを出さないととは思ったものの、こんなこと書いてもなぁと悩むことも多かったですし、WordPressの使い方もよくわからない中で手探り状態。

 

書くことはやったことがない仕事でしたし、じぶんを出すこともやったことがありません。
ブログにアクセスできなくなったときは、その回復に多くの時間を費やします。

 

オンラインセミナーもテーマから開催まで試行錯誤しながらやっていますし、
独立したばかりのときは、じぶんにあった働き方がわからず試行錯誤の連続です。

  • いつか人を雇う?
  • 苦手な固定電話をおく
  • 通勤する
  • 事務所を借りる

といったことをやっていましたが、じぶんにあわないとわかり、数年かけて変えてきました。

 

新しいことをやるなら、ショートカットすることはあきらめています。

 

芽が出るまでの時間が必要

 

新しいことを研究したり開発するときには、当たり前に時間がかかるものですし、すぐに上手く行かないことも多いです。

 

本を読んだり、動画を見たり、セミナーに参加すれば、ショートカットできることはありますが、それにも時間はかかります。
最初がいちばんむずかしいですから。

 

ただ、一度やってみればしくみがわかりますし、工夫もしやすくなり、そこでショートカットの可能性は出てきます。

新しいことをやるのに時間がかかるのであれば、その時間は確保しないとどうしようもありません。

 

もし1日中、仕事で埋めてしまうと、研究開発など勉強の時間はないでしょう。
ひとりであれば、お願いする人はいないですから、仕事のやり方を工夫せざるを得ません。
そう考えると、余白をつくっておくことも欠かせないわけです。

 

その勉強を仕事につなげる時間も独立後はつくりやすいです。
毎日予定してもいいわけですし、どんな腕を磨いていても怒られませんから。

 

ショートカットがむずかしい以上、余白もつくるようにしておきましょう。
その余白でやりたいことをやっていけばいいわけで。しごとも遊びも。

 


【編集後記】
昨日は税理士業を中心に。とあることの研究をすすめました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Photoshop アクション