独立したいなら「もう少ししたら」をあきらめる。

独立

独立したいときには、「もう少ししたら」と考えがちです。
ただ、「もう少ししたら」にはいつたどり着けるのか?

どこかで下山して、違う山に登るしかありません。

「もうちょっとしてから」で頂上にはたどり着けない

 

独立をするときに、悩ましいのがいつ独立するか?

「もう少し腕を磨いてから」
「もう少しお金を貯めてから」
「もう少ししごとが落ち着いたら」

 

今、独立を検討されている方にもこういった悩みがあるのではないでしょうか。
わたしにもありました。

もう少し腕を磨けば、独立後にも仕事がしやすい
もう少し貯金ができれば、独立しやすくなる
もう少し落ち着けば、退職しやすくなる

といったことを考えていたわけです。

 

ただ、残念ながらそうそう変わるものではありません。
腕も急に上がることはないですし、雇われているうちに収入が2倍に増えるというのもありえません。

 

ましてや、勤めていればしごとが落ち着くなんてこともないでしょう。
基本、勤務時の仕事量は多いものですから。

具体的に時期が決まっていればともかく。

まだまだ
もうちょっとしてから

と口にするうちは、なかなか独立はできないでしょう。

 

山を登るがごとく、頂上までたどり着いてから独立、ということはできず。
GOforIT
独立したいなら、どこかで下山して、別の山を登るしかないのです。

 

「もうちょっとしたら」は独立後になんとかする

 

独立をしたいなら、その「もう少し」は独立後になんとかしましょう。
実際なんとかできるものです。

 

もう少し腕を磨いてから

 

もう少し腕を磨いてからというものの、仕事の範囲が決められていれば、腕を磨くにも限りがあります。
それならば、独立して実戦をこなしたほうがはるかに腕を磨けます。

 

ひとりであれば、お願いする人もいないわけですから、じぶんで考えないといけませんので判断力も上がりますし、じぶんの選んだことで腕を磨けます。

 

もう少し貯金が増えたら

 

もう少し収入が増えたらというものの、雇われているとそうそう上がらないでしょう。
独立のお金を貯めたくても、生活費もありますし、そうそう貯金を増やすことはむずかしいです。

 

独立後のお金が必要なら、銀行にお金を借りましょう。

日本政策金融公庫で創業融資を受けることもできますし、独立のためのお金をつくるのであれば、独立後でもやりようはあります。

 

もう少し落ち着いたら

 

もう少し落ち着いたらというものの、落ち着く時期が本当にあるのかどうかを考えたいものです。

 

多少の波はあるにせよ、まったく暇な時期というのはないはずです。勤務先の規模が大きいほどその可能性は高く。残業もあるでしょう。

どこかで見切りをつけるしかありません。

 

独立後の山と独立前の山は別モノ

独立後に登る山もそれなりに険しいもの。
ましてや、それまでに登った山とはまるで違います。

独立後に

値付けをする
営業する
しごとを選ぶ
発信する
話す
書く
企画する
効率化
判断する

共通するのはどちらでも負荷はかかるものですし、ラクではありません。
少なくともわたしにとっては。

それでもどの道をとおって山を登るかは自由です。

GOforIT

ブログやメルマガを書くなど、普通なら「仕事して」と怒られるようなことができる
残業しなくてもいい

というのも独立後ならではです。

どこで何をするにも、人生に負荷はつきもの。

 

それであれば、独立後になんとかするというのも1つの道です。
コロナが終わってからといっても、コロナの影響がゼロになることはそうそうないでしょうから。

 

独立を目指すならば「もうちょっとしてから」を外していきましょう。

 


【編集後記】
昨日は相続、法人の月次、午後から打合せ。子どもたちの学校も昨日から休みに。夜は長男(7)と届いたゲームをいっしょに。数日前から「もうくるかなー」と何度も口にしていてようやくです。わたしはそこまでじゃないのでちょろっとだけ。あとはやってもらいました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
星のカービィ ディスカバリー