思いついたことをサッとやれる独立。

独立

独立後はパッと思いついたことをすぐに試せます。
反対意見がないからです。

ちょっとしたことからでも試してみましょう。

パッと思いついてやってみた

 

昨日のセミナーで1つ新しい試みをやってみました。
それはセミナーのはじまるちょっと前にカメラに向かってはなすこと。

 

なにかしらのイベントが始まる前にちょっと談話するというような場面があります。
それをセミナーのちょっと前にふと思いついてやってみたのです。

 

音声が聞こえなかったらいけないので、その確認のためにも。
「実は前回のときは…」というのをカメラのレンズに向けて話し出しました。
聞いていただけているかどうかはわかりませんが、それでもいいわけです。

 

それをやってみてどうだったか。
そこで軽く話をしたおかげで、じぶん自身もちょっとした雑談の中から自然とセミナーをはじめることができたかなと。

思いついたことをすぐに実践できるのは独立後のいいところです。

 

反対があればできない

 

セミナーからいきなり始めるでもいいのですが、場を暖めたいなというのもあり、それならば…と雑談するような流れから、ということをふと考えたのです。

 

これがじぶん主催でなければ、反対意見があった可能性もあります。

「そういうのはいいから」
「セミナーのことだけ話して」
「シナリオにないじゃん」

というように。

 

そうすると、シナリオにない思いつきの行動はできなくなります。
でも、じぶんが開催しているセミナーなので、思いつきでやっちゃってもいいわけです。
迷惑をかけなければ。

 

今後やるかどうかは決めていませんが、いろいろ試してみればいいかなと。
音楽をかけるというのも試したことがあります。

オンライン超入門(Zoom) セミナー開催前のつなぎの時間にスライドとBGMを入れてみた   – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

すべて試してみてから

 

あらゆることは試してみないとわかりません。

話し方も
道具も
しごとも
遊びも

やってみて、「あんまりだな」「あわないな」ということもあるでしょうし、

「やってみてよかった」
「意外な発見があったな」

ということもあります。

 

「上手くいかないけど、できるようになりたい」ということもあるわけです。
よくもわるくもじぶんなりの結論を出すには、試してみることがはじまりです。

 

独立も、ブログも、メルマガも、Macも、プログラミングも。試したこと。
パッと思いついたことを、すぐに試すというのは、独立後により実現しやすいものです。
反対意見がないのですから。

 

まぁ、その結果として「ちがった…」ということもあるわけですが、そのときはすぐに軌道修正、方向転換をすればいいだけです。

気になることがあれば、ちょっとしたことでも試してみましょう。


【編集後記】
昨日は税理士業をやったあとで、午後からセミナー開催。最近はMicrosoft Teamsのライブイベントをメインで。こちらで話してから届くまでに30秒ほど遅れますがそれ以外は気に入っています。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Anker PowerCast M300を使ってセミナー
MicrosoftTeams Q&Aレポートのダウンロード