リスク対策としての「自宅で仕事」。

独立

独立後、自宅でしごとをしています。
自宅でしごとの効果の中には、リスク対策というのもあります。

いつあるかわからないというリスク

 

仕事をするときに、どうにもならないトラブルもあるものです。

身動きがとれなくなる状態。
これまでにはこういうことがありました。

 

  • 会社に行こうとしたら事故で電車が来ない → ようやくきた電車でぎゅうぎゅうづめに
  • 電車で家に帰ろうと思ったら、大雨で電車が止まっている → 名古屋駅で数時間待ちぼうけ
  • 独立当初、当時の事務所に車で通勤すると、渋滞にハマる → 早朝に通勤して回避

 

これ以外にも地震で電車が停まってしまうというケースもあるでしょう。

 

交通、天災。このような理由で身動きがとれなくなればどうにもなりません。

回復を待つしかないでしょう。
そういったリスクをゼロにすることはできませんが、じぶんでなんとかできるリスクは減らしたいもの。

 

 

独立後には対処しやすいこともあり、電車通勤しないというのもその1つ。
毎日電車に乗らないのであれば、交通のトラブルは減らせます。

 

近くの事務所か自宅か

 

独立をすれば、どこでしごとをするかはじぶんで選べます。
事務所を借りる、自宅でしごとをする、部分的に貸会議室やカフェなどを利用することもできます。

 

交通や天災のようなトラブルを考えると、電車通勤をしないほうがリスクを減らせます。
とはいえ、電車通勤をしないで近所に事務所を借りるという手もあります。

 

もし、

  • 人を雇っている
  • お客さまが事務所に来る

 

というのであれば、事務所を借りるのも選択肢の1つになりえます。

 

わたしはどちらもないです。

コロナ前から事務所にお客さまに来ていただくということはほとんどありませんでしたし、事務所を借りると固定費も増えます。
それが事務所を借りるのをやめた理由でもあるのですが。

今のわたしの現状からすると、近所であってもわざわざ事務所を借りなくてもいいかなという結論です。

 

電車通勤をしなければ、朝、電車に乗ろうにも事故で来ていない…、

夜に大雨や電車のトラブルで電車が停まり、その電車が来ない限り帰れなくなる、ホテルに泊まららないといけない、ということもありえません。

 

交通トラブルを避けようとすれば、通勤がない、自宅でしごとをするのが最適、という結論に至ります。
オンラインで打合せもできる現在、自宅でたいていのことはできますから。

 

 

自宅でもリスクはゼロではないけど

 

現在はコロナ。
外出するとなるとマスクをする必要があるわけですが、自宅であればマスクをとってしごとをすることができます。

わたしはマスクをしていると蒸れますし、しなくていいというのはメリットです。

 

自宅といってもリスクがゼロになるわけでもないでしょう。
もし、地震があれば、どこにいてもリスクはありますから。

 

ただ、そのときに家族がそばにいるというのは大きいですし、備蓄してある食料や備品にすぐにたどり着けるというのも自宅です。

 

これが外であれば、なかなかむずかしいケースもあります。
通信回線がダウンして家族と連絡がとれなくなければ、それはそれで心配ですから。

 

天災が起こりうるという前提であれば、自宅は安全なしごと場所としての選択肢になるでしょう。

とはいえ、自宅でのしごとにもデメリットを感じるかもしれません。

家族が部屋に来て気が散る、誘惑が多い、といったこともありますから。

 

ただ、これもトレーニングをすれば慣れますし、じぶんなりの工夫はできます。
わたしはずっと同じ場所が苦手なので、気分転換したいときは外に出てみたり、近所のカフェに行くようにはしています。

いざというときは、そうもいってられませんが。

 

じぶんでできるリスク対策はしておき、リスクを最小限にしておきたいものです。

 

その対策の1つとしての「自宅で仕事」。
慣れれば家族との時間もつくりやすいですし、しごとの環境をつくれば快適にもなります。

 


【編集後記】
昨日は打合せ。その後に動画教材を見て研究を。Switchの「ゼノブレイド」と「マリオオデッセイ」をメルカリで売りました。「ゼノブレイド」はFIFA22の影響力からほとんどやらずに手放すことに。だいたい買った値段で売れました。次は星のカービィ ディスカバリーが欲しいんだとか。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
リビングのマット