Windowsのパワポを開いたら表示が崩れる原因と対策。

セミナー・プレゼン

PowerPointのファイルを開いたら表示崩れするという経験があるならば、その原因はフォントにあるかもしれません。

フォント崩れの対策についてまとめてみました。

Windowsで開くとフォントが崩れる理由

 

ファイルを開いたら、表示が崩れていた…ということを体験したこともあるかもしれません。

 

今回の事例は、MacのPowerPointでつくったファイルをWindowsのパワポで開いたら表示崩れしていたというケースです。

表示崩れの原因、その1つはフォントです。

たとえば、MacのPowerPointでこのように表示されていても、

GOforIT

WindowsのPowerPointでファイルを開くとフォントが維持されずにこうなります。

GOforIT 12

 

これはWindowsにないフォントをMacで使っているからです。
たとえば、「文久見出しゴシック」というフォント。Macにはあるのですが、Windowsには初期では入っていません。

 

ここで、

  • 共通するフォントを使えばいい
  • Macでファイルをつくったら、Windowsで開くことはないから…

といえば、この話は終わります。

 

ただ、Macにあるフォントを使いたいというケースもありますし、ファイルの表示崩れはパワポに限らずあるはなしです。
その対策を知っておいても損はないかと。

この対策としては、Windowsに入っていないフォントをインストールすることです。

 

フォントをインストール

 

ネットで「フォント名 ダウンロード」で検索し、

GOforIT 14

 

ダウンロードサイトがあれば、そこからファイルをダウンロードしてみましょう。

GOforIT 3

 

そのダウンロードしたファイルを開き、Windowsフォントビューアーを選びます。

GOforIT 4

左上にあるインストールボタンをクリックし、

インストール後に、パワポのファイルを開くとMacと同じフォントで表示されますし、フォントとして選べるようになっています。

GOforIT 9

 

表示が崩れていると凹みますが、理由がわかっていると解決方法は意外とシンプルです。

 

お気に入りのフォントを見つけてインストールすれば、その後はそれを利用することができます。

じぶんのこだわりを出すにもフォントのインストールはおすすめです。

これとは別で、Adobe Fontsというツールもあります。

フォントを変えたいケース

 

パワポの場合、フォントをまとめて変更することもできます。フォントの置換えです。

もし、スライドマスターを設定している場合にはスライドマスターから変更してみましょう。

スライドマスターで変更

メニューから [表示] > [スライドマスター] とクリックしてスライドマスターメニューを開きます。

ここのフォントを変えると、同じスライドについては一括でフォントを変更できます。

GOforIT 19

置換えで変更

1つのファイルで複数のフォントを利用している場合には、フォントの置換えという方法もあります。

ホーム→置換え→フォントの置換えを選び、
GOforIT 16

フォントごとに置換えをすることができます。

GOforIT 11

こちらの「フォントの置換え」は強制的なフォント変更のイメージです。

 

もし、フォントの置換えでフォント形式を変えてから、あとで気が変わってスライドマスターからフォントを変更した場合、置換えで変更した部分にはスライドマスターからの変更が反映されません。

 

なので、

  • フォントを変えたい場合には、基本はスライドマスターから
  • 複数のフォントを利用している、またはスライドマスターを利用していない、という場合はフォントの置換えをする

というのがいいかと。

参考にしていただければ。


【編集後記】
昨日はオフ。子どもたちと初のいちご狩りに。3人ともいちごが大好きなのでテンション高めでした。わたしは写真を撮るほう中心で。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
子どもたちといちご狩り
アルチザンのパン
石松 本店
メイフルーツ
新浜松SAに道路側から入る