情報を絞っても生きていける。

独立

情報、あれば便利ですが、多すぎるゆえに絞ることも大事なことです。

じぶんだけ知らないと不安になるかもしれませんが、知らないことがあっても生きていけます。

野球を知らないと困る?

みんなが知っているのにじぶんが知らないというと不安を覚えるかもしれません。

え、みんな知っているの?と。

それだけにいろいろな情報を得ようとしがちです。

わたしもそうでした。若き日にもそういう体験がありました。

小学校時代、周りの友人はみんな中日ドラゴンズのファン。

わたしは中日ドラゴンズは知っていましたが、そもそも野球自体に興味がなく、野球中継もほとんど見たことがありません。

苦手でしたし。野球マンガはいくつか読んでいましたが、これはルールを知らなくても読めます。

友人に誘われてナゴヤ球場(当時)に試合を見に行ったことがあります。

選手の名前もチーム状況もろくにわからずに。

そんな体験もあり、野球のことをちょっとは興味持ってみようと小学生ながらに思ったのですが、やはり野球自体に興味がないので、野球中継も見ませんでしたし、覚えようともしないのです。

それで、野球、知らなくてもいいや、とあきらめました。

父が野球好きだったら、また違ったかもしれません。

いっぽうで、サッカーは興味を持てたことです。

こちらも小学生時代。

メキシコW杯でマラドーナの5人抜きを見て驚いたのが最初。

ただ、当時は日本にサッカーを見る環境はなく、サッカー熱に火がついたのは高校生になってからです。

スーパーフォーメーションサッカーというゲームを友人たちとやるのをきっかけに、少しずつ海外サッカーのことを雑誌でチェックするようになりました。

勉強しようと思ってチェックしたわけではなく、興味本位から自然に…といったほうがあっています。

高校生の当時でも、サッカーを見る環境は日本にはほとんどありません。

それでも唯一の情報としてサッカーマガジンやサッカーダイジェストといった雑誌をチェックしていました。

そのあと、大学生になるとワールドサッカーダイジェスト、今はなきWSG(ワールドサッカーグラフィック)も毎号買っていました。

税理士受験を機に連続購読記録は途絶えましたが…。

ただ、今もサッカーは変わらず追っていますし、長男(6)にもおすすめはしています。キャプテン翼も。

わたしと同じようにFIFA21をやって、海外サッカーの動画に興味を持ったようで、たまに見ています。

まさかの展開でしたが、肌にあったんでしょうね。

ただ、オフサイドはイマイチだったようです。わたしはめちゃめちゃ好きだったマンガですが。

あう合わないはあるので、それはそれでいいことです。

こうした体験からも学んだのは、興味をもてることと、持てないことはあるということ。

人それぞれですし、興味をもったことを深めていけば問題ないわけです。

少なくとも野球を知らなくて困ったことはありません。

入れる情報は絞っていい

現在もひとりでしごとをしているので、ある程度の情報は必要です。

いっぽうで情報のコントロールも必要でしょう。

黙っていても山ほど情報が流れてくる時代。

前述の例で言えば、わたしはサッカーの情報だけがほしいですし、サッカーの情報だとしてもいらない情報もあるわけです。

たとえば、サッカーの試合結果はいらない情報の1つです。

結果のわかったサッカーの試合の面白さは1/10に下がります。

その流れに入らないようにしています。

いらない情報が入ってきそうなところには、情報をとりにいきません。

欲しい情報は

  • ヨーロッパの海外サッカー情報
  • ワールドカップのサッカー情報

といったところ。それ以外のサッカー情報はなくても問題ありません。
おおよそのサッカー事情はそれでわかります。

平穏な日々には最低限の情報を

情報を絞ることで、平穏な日々を過ごせるというメリットもあります。

たとえば、SNSはやりとりを楽しめるという点では、いいツールでしょう。

ただ、情報をある程度限定していても、見たくない情報を見てしまうこともありますし、イラッとしてしまうこともありえます。

見なければなかったことです。

これはわたしの価値感に過ぎませんが。

反面、自分自身も気になって何度もスマホを手にしてしまうということがありました。

それがあってSNSとは距離を置いています。

結果的にもやもやすることもなくなりましたし、平穏な時間を持てるようになりました。

まぁ、そういいつつまたやるかもしれませんが。

どんな情報が大事なのかはそれぞれに価値感があり、他人と違っていてもまったく問題ないでしょう。

少なくとも知らずとも生きていけます。

独立後は特にじぶんなりの価値感を持っておけばいいわけですので。

自分の興味のあること、大事なことはなにか。

誰と楽しむか。

じぶんの価値感を大事にしたいものです。


【編集後記】
昨日は午後からお客さまと打合せ。夜は長男(6)からのリクエストで2人ですごろくを。2人でもけっこう楽しめました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
長男(6)と2人ですごろく