名刺がなくても食べていける。アフターコロナはネットにじぶんの情報を出しておこう。

昔つくった名刺
独立

オンラインではじめてお会いすることもある現在。

名刺以外にもじぶんを知ってもらえる方法をもっておきたいものです。

名刺交換はしないといけない?

名刺交換。

仕事をするのにはじめてあった場合には、名刺交換をするというのはよくある光景です。

名刺をわたして名前を知っていただくというのが理由。知っていただければ、依頼をいただける可能性もあります。

わたし自身はというと、名刺をつかっていません。もう何年も前から。

必要性に疑問を感じたからです。

名刺交換をしても、あとで名前だけの名刺を見て顔と名前が思い出せるかというと、かなりの確率で忘れてしまいます。

それなのに、Evernoteに保存しておくことに意味があるかどうかです。

以前、名刺交換していない司法書士から勝手にメルマガが送られてきたことがありました。

お会いしたことがあるならともかく、知らない方です。(お会いしていても勝手に送られるのはいやですが)

 

そういうこともきっかけで名刺をつかうのをやめていきました。

ただ、今にして思えばやっぱりなくてもいいかなと。

現在は、オンラインではじめてお会いするということもあります。

オンライン上で名刺交換をすることはないでしょう。紙ですから。

オンラインが前提の現在、名刺という紙にこだわる必要はないでしょう。

オンラインで名刺交換するというアプリもありますが、それも昔に手を付けてすぐにやめています。

誰かれかまわず来るのが好きではなく。

名刺をもっていないというと失礼だとされていますが、名刺がなくても食べていけます。

オンラインで名刺を出すかどうか

名刺交換を何のためにするか。

じぶんを知っていただくというのが目的でしょう。

わたし自身も名刺にチカラを入れていた時期はありました。冒頭の写真は昔つくった名刺です。

  • 顔写真を入れる
  • 名刺の裏にプロフィールを入れる
  • じぶんの得意な仕事を書く
  • プライベートな情報を入れておく

といったことはやっていました。

ただ、名刺サイズだと字が小さくて読みにくいですし、入れることができる情報は限られます。

とはいえ、仕事をするのにじぶんを知っていただくということは大事でしょう。

知っていただかないことには、依頼していただけませんので。

ただ、それが名刺でなくてもいいわけです。

オンラインで仕事をすることが通常になった現在、知っていただくのもオンラインでいいでしょう。

知っていただくためにネットにじぶんを出しておくという手があります。

名刺よりも知っていただける

名刺に載せる情報がプロフィールやプライベートの情報であるならば、すべてネットに載せておくことができます。

ブログやHP、SNSを見ていただければ、それが自己紹介にもなるでしょう。

ネットであれば、直接会わずとも距離に関係なく自己紹介をすることができます。

記事が増えればそれだけ深く知っていただけますし、共感していただける可能性も上がります。

プロフィールでも、出身地が同じ静岡県富士市だったから…、名前が豪だったからというそれだけで依頼していただけたこともありました。

ネットであれば、じぶんの名前を検索してもらわずとも、気になることを検索して見つけていただける可能性もあります。

もし、対面でじぶんを知ってもらうために名刺を出すような状況があったときには、今ならセルフマガジンをお渡しします。

名刺よりはたくさんの情報を載せることができますし、QRコードからブログやHPにアクセスしていただくこともできるので。

ちょいちょい請求していただいています。

オンラインが主流の現在、名刺がなくても知っていただけるような工夫はしておきたいものです。


【編集後記】
昨日は健康診断に行ってから、確定申告、セミナー準備などを。来月にちょっと興味あるホテルに家族で泊まりに行きたいホテルがありその予約を。やめるかもわかりませんが、今月予約すると割安になるのでひとまず予約だけ。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Agodaでホテル予約