フリーランスが確定申告を早く終わらせたいのに立ち止まってしまう理由。

フリーランス

確定申告。

2022年が始まっている以上、いち早く終わらせたいものです。ただ、思わぬ理由で終わらせることができていない人もいらっしゃいます。

その具体例をとりあげてみました。

2022年はもう始まっている

確定申告。

前年の1月1日から12月31日までの売上や経費の数字をとりまとめて、3月15日までに申告書を提出し、税金も払うという流れです。

この確定申告、早く終わらせるのがおすすめです。

なぜなら、2022年はすでにはじまっているわけで、その経理もすすめていかないといけません。

ところが、2021年の確定申告が終わってから…となると、2022年の経理は2ヶ月も3ヶ月も出遅れてしまうことになります。

それではまずい…ということで。

早く終わらせたいと思っているけど、どうしたらいいかわからないという方に向けて、早く確定申告を終わらせるためのコツをまとめてみました。

早く終わらせたいけど立ち止まってしまう理由

早く終わらせたいけど、まだ終われないというのには、こんな理由があります。

まだ請求書が届かない

もし、経費にする請求書が届いていないなら、金額だけでも教えてもらいましょう。

金額さえわかっていれば、とりあえず経理をやって大丈夫です。

届いたところで金額が同じなら前倒しで経理すればいいはなしです。

先方にとっては売上なので、「教えて」といえば教えてくれるはずですが。

もし、いつまでも教えてもらえないというのであれば、取引を考えたほうがいいのかもしれません。

まだ2月16日になっていない

一応、2月16日から3月15日が期限期間とされているのですが、年が明けたら申告していいのです。

「早く出したらダメだよ」とも言われません。窓口だと言われるかもしれませんけど。

そもそも窓口に行ってはいけません。

めちゃくちゃ待たないといけないですし、コロナのこともあり油断できません。

ネットで出せば大丈夫です。行く必要もなければ、待つ必要もありません。

まだ会計ソフトが確定申告に対応していない

 

会計ソフトには、確定申告に連携できる機能や確定申告用にデータを書き出せる機能があります。

ただ、どこも利用できるのはだいたい2月に入ってからですし、それを待っているうちに2022年はすでに1ヶ月過ぎています。

2022年の経理もすすめる必要があります。

というと、確定申告を終わらせないと次の年の経理をやれないでしょう、そう思っている方も一定数いらっしゃいますが、それは間違いです。

確定申告が終わっていなくても、年度繰越の処理はできます。

いったん、次の年に繰越処理をしておき、2022年の経理をすすめればいいのです。

で、確定申告がおわってから改めて繰越処理をすれば、翌年の貸借対照表には正しい残高で反映されます。

わたしは毎年1月2日には繰越処理をしています。1月1日に経費をつかうかどうかは別として。

 

さらに確定申告と2022年の経理を並行してやるのはめんどくさいというのもあるでしょう。

わたしはこちらです。

そこで、会計ソフトの対応を待たずして、早々に2021年の確定申告を終わらせてしまうわけです。

会計ソフトの数字をもとに、国税庁の確定申告書等作成コーナーを使って申告すれば大丈夫です。

e-taxで確定申告(2021年分)。スマホとマイナンバーカードがあればネットでできる。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

データ連携がまだあるかも

クラウド会計ならデータ連携ができるわけですが、連携するのが遅い取引もあるかもしれません。

たとえば、クレジットカードの取引。

ただ、まだ連携されていない取引があるとしても、年末付近の取引でしょうし調べればわかります。

連携を待たなくても、連携されるであろう仕訳を入力するなり、インポートするなりで経理すれば大丈夫です。

その1つ2つのデータのためだけに確定申告を待つ必要はないでしょう。

注意点として、確定申告を終わらせた後に実際にデータ連携があった場合には、その取引を対象外にする必要があります。

でないと、仕訳がダブりになりますので。

実際にミスがあったら

 

確定申告をしたあとに、もれが見つかった、ミスが見つかったということもあるかもしれません。

その場合には、期限内であれば、修正してもう1度ネットから確定申告をすれば大丈夫です。

2回出したからといって怒られることはありません。

もちろん、もれなく数字をとりまとめる必要があるわけですが、ミスを恐れすぎていては先にすすめません。

1回で終わらせるようにはしつつも、ミスがあったとしてもなんとかなるくらいの気概で確定申告を終わらせましょう。

2022年はもう始まっています。

 


【編集後記】
昨日は今日は法人の決算など。近所のイオンの本屋にセルフレジが3台入っていました。今まで行列になっていることが多くスルーしていましたが、快適でした。これならたまには利用してみようかなと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
未来屋書店 セルフレジ