相続対策に生命保険を利用するならバレない・掛けすぎに注意。

相続

生命保険を相続対策に利用するという場面はあるでしょう。

その場合に考えておきたいことをまとめてみました。

相続対策にもなる生命保険

相続では生命保険を検討する場面があります。

事業では生命保険に入らなくていいという声もありますが、相続に限って言えば利用する場面はあると考えています。

 

それというのも、生命保険金にはこんな特徴があるからです。

 

  • 遺産分割協議の対象にならない
  • 渡したい人に確実に残せる
  • 相続税の非課税枠がある(500万円×法定相続人の数)

 

相続税がかかるかかからないかはともかく、相続財産についてはどれをどの相続人が相続するかを決めることになります。

遺言書があれば遺言書どおりに、なければ相続財産をどうわけるかは遺産分割協議(相続人の話合い)で決めるわけです。

ただ、この生命保険金は相続財産ではありません。

保険契約で受取人として指定されていた方の権利という位置づけ。遺産分割協議の対象になりません。

この点で他の相続財産とは位置づけが違うというのが生命保険金の特徴です。

相続の対象になる生命保険金は、

・掛金負担→被相続人
・被保険者→被相続人

で、亡くなったら保険金がおりる終身保険。

掛け間違えはないようにしたいものです。

生命保険と税金のハナシ 契約を見直しをしてみるのも大事 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

他の相続人に受け取ったことがバレないか?

生命保険金は遺産ではなく、遺産分割協議にも遺留分にも影響しません。

他の相続人に生命保険金のことを黙っていたとしても、遺産分割協議が無効になることはありません。

相続人側としても生命保険金の受取人になっているという場合、他の相続人に知られたくないというケースもあるかもしれません。

 

じゃあ、これがバレないかどうかをいくつかの視点から考えてみたいと思います。

 

まずは保険証券。

仮に自宅のタンスにしまってある保険証券を見たら、受取人として記載されているのがわかるでしょう。

あるいは通帳を見たときに保険料を払っている履歴があれば、それをもとに保険会社に照会するなどで糸をたどっていくことで誰が保険金を受け取っているかはわかるでしょう。

 

相続税がかかる場合はどうか。

通常、相続税の申告は相続人が連名で出すことになっています。

保険金をもらっていたら申告書に保険金を載せる必要があり、そこで他の相続人にわかるでしょう。

 

では、受取人が相続人じゃなかったらどうか?

保険金に関して言えば同じことです。相続税の申告書には載せる必要がありますし、相続人でなくても他の相続人といっしょに相続税の申告をすることになります。

相続人でないとしても、生命保険を受け取っていたら相続税の計算ルールでは、遺言で受け取った扱いになるのです。

むしろ、相続人でない場合には、前述した生命保険金の非課税枠は使えませんし、支払う相続税が20%増しになります。生前贈与加算も必要になるケースがあります。

相続税のかかる生命保険金 あるある事例5つ – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

もし、申告しなかったとしても、保険会社から支払調書が出ていることもあります。

こう考えると、他の相続人にも、税務署にもバレると考えておいたほうがいいでしょうね。

 

生命保険金、渡したい方に確実に残せますし、他の相続人に知らせるか知らせないかも自由です。

ただ、もめないために被相続人になる方からなぜ生命保険をわたすかを生前に伝えておくのも1つの道です。

 

生命保険のやりすぎに注意

 

生命保険、節税だけでなく、「もめない」、「相続税を払えるか」という視点でも活用を検討する場面はあるでしょう。

 

  • 相続財産の分け方が偏った場合に、生命保険金のお金を他の相続人に払って偏りを減らす(代償分割のためのお金)
  • 相続税の支払いに充てるお金として(非課税枠を利用すれば相続税がかからないお金に)

 

とはいえ、気をつけたいのはやりすぎないこと。

生命保険にお金を入れすぎると自由になるお金は減ります。

保険にお金を入れすぎると、長生きしてお金が医療費などでお金が必要になった場合に困ります。

契約者貸付もありますが、金利も高いですし、手間もかかります。

 

相続対策として生命保険を利用するなら、身動きをとりやすくするために余裕資金の範囲内で、というのがおすすめです。

節税を最優先した相続対策ではいけない理由 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog


【編集後記】
昨日は午後から子どもたちと映画に。わたしは長男(6)と一緒に魔神英雄伝ワタルを、長女は別の映画を。ワタル、いろいろ思うところがありましたが、一緒に楽しめたのはよかったかなと。FIFA22も一緒にやってけっこう負けることもあり、いいライバル関係にもなりつつあります。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
MOVIX三好
ふうみ屋