独学するならiPad。じぶんなりのやり方を身につけよう。

独立

独立後、独学することは欠かせません。そしてその環境はじぶんでつくることができます。

わたしは独学にiPadを使っています。

独学をするのに必要なこと

独立すると、独学をすることが増えます。

・営業
・IT
・税金
・写真
・発信

税金はまだしも営業、IT、写真はどれもやったことがないことでした。

それでも、独立後はじぶんなりに独学を重ねるしかありません。

どれも答えがないことです。じぶんなりに手を動かし、足を動かして身につけてきました。

とはいえ、最初はさっぱりわからないことだらけです。

何が必要で、何をすればいいのか。

最初の0→1にするところがいちばんタイヘンです。

じぶんなりに必要なピース(情報)を集めて、組み合わせる。

必要な道具をそろえ、ときには人から教えてもらうこともやっています。

じぶんで考えてどうやって勉強するかを選べるのも、独学の魅力です。

手を動かして独学するならiPad

独学をするときの道具の1つとして、iPadを使っています。

Kindleで本を読みこともできますし、分厚い本だとしても厚さが変わらないというメリットもあります。

解説書だと、特定のページを開いておきたくても、パタンと閉じてしまいます。

Kindleならそういうのはありません。手を動かしつつ学ぶには最適でしょう。

たとえば、ITスキルであれば、本を読むだけでは身につきません。

じっさいにじぶんで手を動かしてどういう反応をするのか。

どうしてそういう動きをするのか

ということを体験から理解する必要があります。

そして手を動かさないと、覚えません。

手を動かし続けることで、キーを見なくても打てるようになるタイピングがいい例です。

iPadであれば、Kindleの画面を出しつつ、パソコンで試すことができます。サイズ感も問題ありません。
DSC03414

PCのKindleではやりにくいですし、iPhoneのKindleは小さすぎます。

iPadがちょうどいいという印象です。

動画でも同じように、動画を見つつ手を動かせますし、オンラインセミナーに参加するときも同様にiPadを使っています。

何度も手を動かしたことが身についている

独学してみないと、じぶんにあっているかどうかはわかりません。

ただ、これまで自分自身に身についてることは、どれも何度も手や足を動かして独学してきたことばかりです。

そして、独学するための時間を確保することも必要でしょう。

この写真は昨日、夕方に独学でとってきた夕日。

絞りを変えたり、シャッタースピードを調整したりといろいろ試しつつ、何枚も撮ったうちの1枚です。

ただ、正解はなく。じぶんなりに納得ができるかどうか。

他に目を向けて気付きがあればそれを参考にまた独学です。

また、じぶんが興味をもったことを、それほどお金をかけずにサッと始められるのも独学です。

独立後は独学はずっと必要になるもの。じぶんなりのやり方を身につけましょう。


【編集後記】
昨日は税理士業をやったあとに、とある研究をし、その後は私用で外出。朝起きたら長男(6)がサンタさんに書いた手紙がなくなっていたので喜んでいました。サンタさんに届いているといいですけど。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
タートルグラフィックス
バッカスチョコアイス