メルマガの原稿やデータを1つにまとめておくメリット。

メルマガ

データや書いた文章をまとめておくと、あとで利用しやすくなりますし、ネタにもなる可能性もあります。

日々やっているならまとめておきたいものです。

メルマガを書くときのルール

毎朝の日課になっているメルマガ。

通常は、契約しているメルマガスタンドの本文の欄に記事を書いて保存をしたあとに、

GOforIT 6

時間を設定して送信時間を予約するという流れです。

GOforIT 7

これはこれでいいのですが、デメリットもあります。

画面を開いたまま保存をしていないと、時間が経ったときにログイン画面に戻ってしまい、書いていたデータが消えてしまうということがあるのです。

実際、やったことがあります。

ただ、またイチからメルマガを書き直さないといけないという致命傷にはなりませんでした。

もとの記事はGoogleドキュメントに書いているからです。

Googleドキュメントに書いたメルマガ記事をコピーして、それをメルマガスタンドの本文の欄に貼り付けています。

わたしが失敗したときは、貼り付けてからメルマガスタンドの本文に加筆してしていたので、加筆部分は消えてしまいましたが…。ついついやってしまいました。

Googleドキュメントを使うメリットの1つは、即時保存。その点でGoogleドキュメントを使うメリットはあるでしょう。

Wordでも自動保存はできるのでしょうけど、どうも使いにくくて。

Googleドキュメントに文章をまとめておくメリット

Googleドキュメントに保存しておくメリットはもう1つがあって、じぶんの書いた文章の履歴を1つにまとめておけるというものです。

現状はこんな感じで1日目からのネタをまとめています。今日で91日目でしたので、91個の見出しが左に並んでいることになります。

GOforIT

データを1つにまとめておくことで、データとして利用しやすくなります。

まだ91日書いたに過ぎませんが、日々書いておくことでだいたい何文字書いてきたかも文字カウントでわかりますし、その先にそれをネタとして使える可能性もあります。
GOforIT

まとまったデータとして持っておくことで1日目のネタも、最新のネタにもクリック1つでジャンプすることができます。

まとめておくことがリスクヘッジにもなります。

もし、この先にメルマガスタンドを変えることになった場合でも、1つずつコピーしてデータを取り出さなくても済みます。

メルマガスタンドに依存しなくてもいいように、じぶんでデータを持つようにしています。

仮に1,000日分をあとでまとめてやろうとすると、かなりタイヘンです。まだ91日にとって1,000日はかなり先ですけど…。

であれば、最初からまとめておくような流れをつくっておいたほうがいいでしょう。

あとでやるとタイヘンだから、日々少しずつというのは経理と同じです。

データを1つにまとめておけば歴史がわかる

メルマガに限らずデータはまとめておくと便利です。

たとえば、会計ソフトにあるデータは年ごと、年度ことに区切っていますが、それは会計や税金のルールだったり、会計ソフトのしくみによるものです。

とはいえ、実際には独立してからずっと仕事をつづけているのであれば、それをまとめて1つのデータでもっておくこともやっておきたいところです。

そうすれば、開業したときと現在との比較をするのもExcelで加工すればできます。

わたし自身は独立して6年ですが、開業当初とは使っている経費の内訳なんかも違いますし、売上の種類も多少は変わっています。

そういうのをサッとグラフなどで確認しようとすれば、やはりデータを1つでもっておくのがおすすめです。

データをまとめる方法、以前に記事に書いています。

複数のCSV(会計データ)やExcelファイルを1つにまとめる(結合する)方法 Excelの「取得と変換」 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

複数の会計データ(CSVファイル)を1つのシートにまとめる方法(バッチファイル編) – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

Excelマクロ超入門 会計データを1つのシートにまとめるマクロ – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog


【編集後記】
昨日はオフ。基本は自宅で。夕方にはコストコで食材調達。長女(12)が食べたかったっという牧歌の白いプリン、ようじで風船をわって中のプリンを食べるというアイデアが面白く、かつ美味でした。夜は長男(6)とゲームを。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
牧歌の白いプリン
Theme Switcha