自撮りしてネットに出しておくメリット。

独立

ネットには、じぶんの写真を出しておくのがおすすめです。仕事を依頼していただくときにイメージしやすいからです。

文章、写真など内面をだしておけば、ミスマッチも起きにくいと考えています。

じぶんを出すのが苦手な人が独立するケース

独立後、じぶんを出しておくことも必要でしょう。

ネット環境もあり、じぶんを出しやすくはなっています。

とはいえ、じぶんを出すことに抵抗感があるという方もいらっしゃるかもしれません。

わたしもその1人です。独立当初はそれでホームページをつくらなかったくらいです。

ただ、今は少しずつではありますが、ブログを書いて写真を載せたり、メルマガを書いたりとじぶんを出すようにはしています。

独立したら、知っていただかないことには依頼していただけません。

距離を問わず見つけていただく、依頼していただくためには、ネットにじぶんを出しておく必要があるというのがわたしなりの結論です。

自撮りを出しておくメリット

とはいえ、1人1人お会いするとなるとタイヘンですし、カラダがいくつあっても足りません。

自撮りの写真も出しておきましょう。

じぶんの写真を出すというのが苦手な方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、写真を出しておかないと、依頼していただくお客さまとしてもイメージはしにくいでしょう。

文章だけでイメージしていただけるという方もいらっしゃるかもしれませんが、ひととなりがわかる方がイメージしやすいのは間違いありません。

仕事の写真だけでなく、プライベートの写真もあると、依頼をいただいたときにギャップが出にくくなると考えています。

先にじぶんをだしておけば、ミスマッチは減らせると思っています。

たとえば服装。ネットに出しているのは、私服姿だけです。

スーツの写真は1つもありません。普段からネットに出しているのと同じような服装で仕事をしています。

それもあってか「あれ?スーツじゃないの?」と言われることもありません。思っても言わないのかも知れませんが。

じぶんで写真を撮っておくメリット

そして、ネットに出している写真は、ほぼ、じぶんで撮った写真です。

妻にとってもらった写真もありますけど。

プロに撮ってもらう写真が素晴らしいのは間違いないのですが、じぶんが撮りたいタイミングで、じぶんの撮りたい場所で撮影することができます。

プロの写真じゃないとダメでしょう…という声もあります。そうなのかもしれません。

ただ、プロの写真じゃないから依頼をいただけないということでもありません。

じぶんで撮影するとなると、どういうアングルで撮影するか、構図などもやりながら勉強します。

写真を撮るのが好きなら、じぶんの撮った写真を仕事につかうこともできますし、思い立ったら写真を変えることができるのもじぶんで撮るメリットです。

自撮りが苦手なのにじぶんで写真を撮るというのは、さらに抵抗感があるかもしれませんが、一度やってみると慣れるかなと。

今使っている写真はSONY ZV-1で撮影した写真。フルサイズのSONY α7Cで撮ったものではないので、α7Cで撮ってまた写真を変えてもいいかも。


【編集後記】
昨日はオフ。久しぶりに家族4人揃っての外出。2つセットで購入した1つのオンライン用の照明を設置してみました。照明の当たる方向は研究しないといけませんがわるくないかなと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Cafe Omelette