発信をすると孤独を感じているヒマはない。

ブログ

独立してひとりだと孤独じゃないかと聞かれることがあります。

わたし自身は発信から得られている効果もあり、孤独を感じているヒマはありません。

ひとりだと人に会わない日もある

独立してひとりになると、まわりには誰もいません。

仕事の途中で新たな仕事が割り込むことも、電話を使わなければ、電話をとることもありません。

いたって平穏です。

誰もいないということは、ちょっと息抜きしたいときに話をする人もいないということです。

実際、予定がない日は、ほとんど言葉を発しないという日もあります。

そばに話せる人がいないというのは、ひとりで仕事する上でのデメリットに映るかもしれません。

しごとはひとりでやっていますが、ひとに会わなくても、なにかしらの形で人を感じていたいものです。

その手段の1つが発信すること。

発信することで、人を感じることもできますし、発信することで得られることも多いです。

発信をすることで得られるもの

発信はかんたんではありません。

ただ、かんたんではないからこそ、効果があるものです。次のような効果を感じています。

アウトプットの場

発信をするとなれば、何らかのネタが必要です。

そのネタはインプットだったり、体験だったりするわけです。

それを発信というカタチでアウトプットすることができます。

誰かがいれば、それを話したり相談するというアウトプットができますが、そのアウトプットはありません。

じぶんなりにインプットしたことをそしゃくして、ネット上に出すことで頭の中が整理されますし、写真や図を使ったりと工夫もできます。

アウトプットする場所と時間を毎日確保しているという状況です。

時間管理スキルを磨ける

発信するには、それなりに時間が必要です。

ブログ、HPブログ、メルマガで3時間。ときにはそれ以上。

発信の時間だけでなく、ネタ作りの時間もあります。

発信をすることが、仕事で1日を埋めないというブレーキにもなっています。

ブログを日々書けなくなるということは、仕事が多すぎることを意味しています。

仕事も発信も家族との時間を適度にもつために、いかにして時間を圧縮するかということも考えます。

カンタンではないですが。

やりとり

独立してひとりで仕事をするというのは、少数派でしょう。

独立後は、これまでと環境がガラッと変わるわけで、孤独を感じることがあるかもしれません。

ただ、発信しているとそれは感じません。

ブログを書くときは、その発信の先の誰かしらを想定しているものですし、メルマガを書くときには、読者の方に話しかけるようなイメージで発信しています。

さらに、ネット経由で反応をしていただけることもあります。

たとえば、申込み。

  • ブログのPV
  • サービスの申込み
  • メルマガ
  • セルフマガジン

といったものです。

直接会話するわけではありませんが、そういった反応をいただけることもやりとりの1つと考えています。

発信のない人生だったら?

もし、発信しなくなったらどうなるんだろう?ということをときどき考えるようにしています。

今のわたしの状況でという前提で、発信がなくなったら、

  • ネタを探さなくなる
  • 考える時間は減る
  • アウトプットの場が減る
  • 仕事が減る
  • 言語化スキルが落ちる
  • 方向性の同じ方との出会いが減る
  • じぶんを出す場所がなくなる

ということになるでしょう。これはやってみたから感じることでもあります。

発信すると、それだけ時間も必要となりますし、負荷もめちゃめちゃ感じますが、その反面、得ている効果もあると感じています。

発信をすると、孤独を感じているヒマはありません。


【編集後記】
昨日は法人の決算を中心に。金曜日には長男(6)の運動会があるのですが、コロナの影響で参加は親1人、長男(6)に聞いたら「おかあさん」と…。妻にカメラで撮影してもらうしかないです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
市税事務所にとある問い合わせ