ワンプレーで切り替えができるのも独立のいいところ。

長女(12)による撮影 SONY ZV-1
独立

独立後は、なにかしらの違いを感じたら、ワンプレーで明日から切り替えができるのも魅力です。

サッカーの魅力とは?

サッカーの魅力の1つは、攻守の切り替えです。

たとえば、守備していた側のチームがボールをカットし、そこから一気にカウンター。

パス1本で相手の守備網を引き裂くようなキラーパスが出ると、それまで攻めていたチームは、守備に戻らなければいけなくなります。

そのパス1本、あるいは全員攻撃のような形で、ガラッと風向きが変わってしまうというのがあります。

記憶に新しいのは、ロシアワールドカップの日本VSベルギー。

ロスタイムのベルギーの電光石火のカウンターはまさにそんな感じでした。

冒頭の写真は、長男(6)のサッカー教室でプレーさせてもらったときの1枚。

ちょうど、自軍のゴール前からカウンターで攻めに転じているところです。親も途中から参加させてもらえました。

長男(6)含め、味方のお友だちがいないかと探してお膳立てをしようかと。

大人げないことにならないように、気を付けてプレーしようとしたのですが、ゴールも決めてしまい、大人げないことになりました。

でも、チームメイトのお友だちも、相手チームの子もみんな喜んでくれたのでまぁいいかなと。

やっぱりサッカーは楽しいので、つい燃えてしまいます。

独立後のワンプレーで切り替えてきたこと

独立後には、次のようなことを切り替えてきました。

勤務と独立の切り替え

独立したときには、勤務していた頃と、切り替える必要がありました。

それまで、誰かにお願いすればよかったことも、じぶんでやらないといけませんし、営業もじぶんでやる必要があります。

ただ、人もいないので、じぶんでやるしかありません。「しごとのやり方を変えなければ…」と肌身で感じたのです。

そんなこともあり、人からITに切り替えて、Macなどのツール、Excel、プログラミングなどのスキルを磨いています。

感情の切り替え

ときには感情の切り替えも必要です。

たとえば、凹むようなことがあったとき、もし、そのままの感情でブログを書くと、そのあたりの感情も出てしまうかもしれません。

ブログにはにじみ出るものです。

ですから、書く前にはその感情を切り替えてフラットにして、ブログを書くことに集中する必要があります。

平日と土日祝の切り替え

独立後は、土日祝は一応休みにしています。(スポットのコンサルなどの場合は、たまーにやることもありますが。)

平日にはやっている税理士業。土日祝は休みにしています。

特にこの時期は確定申告時期なんて言われていて、いわゆる繁忙期。土曜日に出勤することも多いです。

昨日は子どもたちと一緒にサッカーやっていましたので、そういう意味では、税理士の常識からはずれているんでしょうね。

それでも、独立後は、土日祝は税理士業をやらないことにして、平日と土日祝で切り替えています。

独立後は切り替える場面は多い

独立したあとに実感していますが、独立したあとは切り替えるポイントは多いです。

  • 午前中はしごとをして、午後はオフで外出するにする
  • WindowsのPCからMacに舵を切る
  • しごとをしたあと、気分転換でカフェに行って読書やブログ
  • 自宅で1日過ごせるような環境に切り替える
  • オンラインでの仕事ができるように切り替える

というような場面はあります。

ただ、前述したサッカーの攻守のような切り替えのポイントがあって、正しいのか、そうでないのか、何が起きるかが想定できないことも多いところが、楽しめる部分でもあります。

そして、じぶんで判断したものの、なにか違うなぁとおもったら明日から舵を切ることができるというのも、独立の魅力ではあります。

独立後は切り替えることを楽しんでみましょう。


【編集後記】
昨日は午前中に長男(6)と耳鼻科にいったあと、午後からはその長男(6)のサッカーを観戦。人工芝のグラウンドでフットサル形式、ゆるーい感じでした。長男(6)にはこういう感じがあっていましたね。途中、コーチから「よかったら、いっしょに…」ということで、私服のままでプレーさせてもらいました。子どもたちとフットサルやるのも楽しめましたし、長男(6)にパスしたときはある種の感動も。ただ、わたしのパスが強くて、シュートできず「パスはやいよー」と怒られましたが。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
刈谷総合運動場の人工芝でフットサル
肉のヤマキ商店 炭火焼肉定食