成果がすぐに出ないことを育てることができる独立

独立

すぐに成果が出れば言うことありませんが、そうとも限りません。

ただ、独立後は成果が出ないことでも、続ければいいと思うのです。独立後はそれができます。

子どもの興味の芽はどこにある?

親として子どもにできることってなんだろう?ということを考えたときに、いろいろあるのでしょうが、その1つは子どもがその芽を育てるのをフォローすることだと思っています。

「どんなことに興味を持つのか?」

ひとまずは環境を準備し、体験してもらわないとそれを見つけるのは、なかなか難しいでしょう。

あわなければ、それはそれですし、あえば芽はどんどん育っていきます。

長女(12)は最初にピアノを習いましたが、あまりあわなかったようです。その後、絵や工作、習字が好きなことになりました。運動にはそれほど興味ない感じです。

タイピングはやりたいといいますが、ExcelやRPAなどには、今のところ興味を示しません。

長男(6)はもっぱらサッカーとSwitch、本を読む(正確にはわたしや妻が読む)こと。どういうわけかマンガはじぶんで読んでいますが。

発信にも「あう」「あわない」

独立後、しごとの芽を育てることも必要でしょう。

興味を持ったことは、ひとまずやってみるというのでもいいと思うのです。

考えてばかりではなかなか進みませんし。

独立後にわたしがやってみたのはネットでの発信。これも育てるには時間がかかりましたが続いていることです。

ただ、その発信の中でも、あう、あわないがありました。

あわないなと途中でやめたのは、Twitter。

発信力を強めるならやるべきだと思うのですが、ある程度続けたものの、見なくてもいい情報が目に入るなど、いろいろと気になってしまったのです。

で、Twitterをやめてどうなったかというと、発信力は落ちたのでしょうが、その代わり、安定した気持ちをもてています。

Twitterを上手に使う方もいらっしゃいますが、わたしにはあわなかったということです。

いっぽうで、同じ発信でもブログはあっていたのでしょう。あとはInstagramをときどき。ゆるーく投稿しています。

HPをもう一度育てる

興味をもてる芽が見つかったらしばらく育ててみるのは大事でしょう。

Twitterもその1つであったわけですが、やってみないとわかりませんでした。

そして、すぐに成果がでることばかりでもありません。

最近は、育てはじめたのは、HP。

もともとあったのですが、徐々にリニューアルしています。

これまで記事を投稿していなかったですし、PVもほとんどなかったサイトなのですが、記事を増やしたらどうなるんだろうということに興味を持ったのです。

いままでやろうとしていなかったことです。

記事を投稿したり。カスタマイズをしたり、構成を変えてみたりと少しずつ触っています。ブログやHPはまさに育てている感じが楽しいのです。

もちろん、サイトを育てるのにもそれなりにパワーが必要ですが、どう変わるのか?

じぶんの色を出せますし、その変化も楽しめる要素です。

独立前ならすぐに成果がでないと怒られている可能性もありますが、すぐに成果がでなくても、続けられるのは独立後に得られたよさです。


【編集後記】
昨日は久しぶりに朝から家族でIKEAへ。小さいテーブルを探しに行きました。ネットで目をつけていた商品はすでに売り切れ。さらにコロナで海外からの入荷が不明という状況。次候補のニトリに行ったら、そこにまさに希望の色とサイズのテーブルを発見。それを買いました。午後はその組み立てなどを。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
RAVPower TypeC 急速充電器/2ポート
昇降テーブル
一ノ井2号公園
IKEA ベジサンド
IKEA アップルソフト