「ちょっとだけ」というニーズもある。見つけていただくためのネット。 

オンライン

独立してからというもの、スポットのしごとをメニューに載せるようになりました。

ニーズの程度は人それぞれ。見つけていただくためにネットにメニューを出しています。

継続が前提のしごとだけじゃない

税理士というと、顧問契約や申告のしごとが前提。

じっさい独立前に勤務していた事務所でもそういうしごとが中心でした。

ただ、独立してからわかったのは、いろんなニーズがあるんだということ。

顧問契約のような長期のサービスへのニーズもあれば、短期的なニーズ、変化球のニーズもあります。

「こういうサービスってないんですか?」と聞かれたこともありましたし、セミナーのネタにしたこともありました。

独立後はどんなしごとをやるかはじぶんで選べるのがメリット。

ずっと付き合ってもらう必要もなく、必要だと感じたときに、ちょっと利用していただくのでも問題ないと思っています。

お客さまにとっても、手離れしやすいほうがいいというケースもあるはずです。

スポットで依頼したい方もいる

独立後にスポットのしごとをメニューに出してみてわかったのですが、

「ちょっと相談したい」

「相続の実体験を聞きたい」

「やり方を教えてほしい」

「チェックしてほしい」

「セカンド・オピニオンとして考えを聞きたい」

といった声がやはりあるのです。

コンサルティング、スポット相談、メールコンサルティングなど、どれを希望されるかもそれぞれです。

やってみて、わたしがもっとも驚いたのは、メールです。

顔もあわせずに、住まいもわからない方から依頼いただけるわけですから。

当初、メールで相談したいという人がいるのかどうかと半信半疑でメニューに出したのですが、メールのニーズもやはりあるのです。

どんなニーズがあるかわからないから、ひとまずは出しておいたほうがいいということを実感した次第です。引き続き出していきますが。

ネットにメニューを出し、ネットで提供する

そういうスポットのニーズがある方にいかにして見つけていただくかというのを考えると、やはりネットにメニューを出しておきたいところです。

ネットから依頼をいただけるわけなので、検索をしてブログなり、HPを見ていただいているはずです。わからないことがあればすぐに検索しますが、それと同じように。

サービス自体はマイナーでも、希望している方がいる可能性があります。

ネットを利用することで見つけていただける可能性は大幅にあがります。たとえ遠くてもです。

対面であっても、Zoomなどを利用すれば、オンラインでサービスをご利用いただくこともできます。

Zoomならリモートで操作することもできます。ちょっとやりにくいところはありますが。

ということで、ネットにメニューを出して、距離に関係なく依頼いただける可能性を増やしておき、さらにオンラインでしごとができるようにしておきたいものです。

それによって、お客さまとしても利用の選択肢は増えるはずです。


【編集後記】
昨日は個別コンサルティングでfreeeでした。そのあとはHPのカスタマイズなどを。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
LG On Screen Control
ファミマ 肉と卵の弁当