「ドラゴンクエスト11S」親子で楽しむために決めた3つのルール

ドラクエ11と長男(5) ZV-1
ライフ

およそ16年ぶりにドラゴンクエストをプレイしました。

当時とのいちばんの違いは、子どもと一緒にプレイしたということです。

約16年ぶりのドラクエシリーズ

ドラゴンクエストは好きなゲームの1つです。

最初にドラゴンクエストを見たのは、小学校5年生のとき。

友人から「ドラクエを買ったからおいでよ」と誘われて、友人の家で初代ドラクエを目にしました。

当時、ドラクエのようなロールプレイングゲームは未体験で、何をしていいのかもわからず、友人から「やってみる?」と声をかけてもらったのですが「あ、いいよ」と遠慮していました。

本当はやりたかったのですが、当時はおとなしい性格でして。

その次のドラクエ2、発売からいろんなお店で大行列でしたが、なぜか将棋屋さんでこっそり売られていて、わりと早めに買えました。

そのドラクエ2がドラクエの実質デビュー戦です。

親が認めてくれる時間で遅々としてすすめました。

ただ、ドラクエ史上で最も難しいといわれるロンダルキアの洞窟でいったんあきらめ。

しばらくしてからクリアしましたが。

その後、ドラクエ3からドラクエ8までは、すべてクリアしました。ドラクエ8のハードは、プレイステーション2だったかと。

ここでいったんわたしのドラクエが終わりました。

29歳から税理士受験をすることになり、ゲーム自体禁じ手としました。きっと遊んでしまうのでと…。

どのみち、次のドラクエ9は、ニンテンドーDSでの発売になり、ニンテンドーDSを買おうとまでは思えず。

そして、2020年。新型コロナウィルスの影響で外出できない中、再びゲーム熱が。

子どもたちがNintendo Switchをやりたそうで、抽選に応募して買ったのがきっかけで、ドラクエシリーズと再び遭遇することに。

Withコロナの2020年に買ってよかったアイテムBEST10 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

ドラクエ8から16年経ってプレイしたドラゴンクエスト11では、大きな変化を感じました。

ドラクエ11Sで感じた大きな変化

ドラクエ8から16年後にプレーした「ドラゴンクエスト11 S」

今回買ったのは、2019年に発売されたドラゴンクエストXIのリメイク版。

PlayStation 4 / Xbox One / Windows / Steamで12月4日に4,980円で発売すると知り、すぐにAmazonで予約。

ただ、うーんと思ったのは、4,980円という値段です。どうしてそんなに安いんだろうと。間違って買っていないかと当初はやらかしていないか心配でしたが。

ただ、コスパがめちゃめちゃよかったという話でした。内容も期待以上でした。

DSC00201

フィールドは3Dですすめます。かつての2Dへの変更もできますが、もう2Dではやれません。
IMG 7202

ストーリーもさることながら、予想もできない展開力、戦闘シーンや会話シーンの映像も素晴らしく、
IMG 7201

まるで映画を見ているかのような展開です。

2020120512201300 6D53A3BE239DFE303051684BB0815543

映画を見ているようにように感じたのは、フルボイスだったからというのもあるでしょうね。

そして、ドラクエ8とドラクエ11Sプレイ時の大きな変化は子どもです。

ドラクエ8をプレーしたときは、30歳。結婚していましたが、子どもはいないという状況。

そして、今回のドラクエ11Sは、5歳の長男(5)といっしょにやりました。まさか親子2代でドラクエをやる日がくるとは思っていませんでした。

事前にあそびえほんも読んでいたので、モンスターの予習もできていたようです。知識では即戦力でした。

IMG 7212

ドラゴンクエスト11を親子で楽しむために決めた3つのルール

子どもといっしょにドラクエを楽しむために、3つのルールを決めていました。

プレイするときはいっしょ

なるべく一緒にやるようにしました。プレイするのはたまの平日の夜もしくは土日だけということでプレイ時間も決めて。

「もう終わろっか。」というと、パタッとやめていました。セーブするので教会や女神像までは行かないといけませんが。

ドラクエのようなゲームから学べることもあり、それを共有したかったのです。

  • ストーリー
  • 探求
  • 負ける
  • 友情
  • スリル
  • 成長

お風呂に入っているとき、寝かしつけるときも、ネタになることがありました。おかげでなかなか寝ないことも。

長男(5)がプレイするとき、会話が文字で出てくると、Aボタン連打するので、話を聞き逃してどこに行ったらいいのか、困ったことも数しれずです。

そういうときは、わたしが読み上げていました。

ただ、ドラクエ11Sは、会話シーンの多くでフルボイス機能があり、声優さんが話してくれます。これは本当に助かりました。

それはそれとして、じぶんの子どもといっしょにドラクエをプレイできたのは、感慨深くもあります。

戦闘シーンは長男(5)がやる

役割分担ができていました。フィールドを歩くのはわたしがやり、戦闘シーンは長男(5)がやるというものです。戦闘シーンで何をするかは2人で相談しつつ。

そもそもはルール決めていなかったのですが、長男(5)はフィールドや街で何をすればいいかわからないので、「やって」と。

わたしがその役をつとめ、出番が減った長男(5)がいつしかそう決めました。

長男(5)は戦闘シーンが出番なので、敵とどんどん戦うタイプです。わたしは戦闘をそこそこにするタイプです。

ただ、ボス戦などは、わたしに「やって」と。やっぱりこわいみたいです。

戦闘で何をすればいいか、最初のころは教えていたのですが、やはり子どもは吸収が早く、そのうち、どの呪文でなにができるか。どんな特技を使えばいいかも覚えていきました。

クリア直前では、じぶんである程度判断できるようになり、じぶんでも同じことしたかなというときもあれば、ときにはわたしの作戦より上手くいったなんてこともありました。

いっしょに戦いました。

TV画面でやる

Switchは、冒頭のように小さな画面でやることもできるのですが、小さな画面でやらないというルールにしていました。(写真ではあえて)

Switchをやるときは、家族でTV画面で共有するというルールにしているので、それはドラクエでも同じように。

ゲームをやるというと1人でというイメージもありますが、画面が大きければ1人でというわけではなく、家族でいっしょに楽しむこともできます。

 

ということで。ドラクエ11S、久々にロールプレイングゲームをやってみたいといいう方には、絶賛おすすめ中です。

そして、子どもといっしょにやると、また違った楽しみ方もできますので。


【編集後記】
昨日は確定申告の打合せ。夕方にコンサルティング(受ける方)でした。ドラクエ11、ひとまずクリアしました。(完全ではない)フルボイスやらストーリーやら、この完成度で5,000円しないのは驚きです。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ドラクエ11Sクリア