初心に帰りたければ、5年前にいた場所を訪れてみる

独立

ときには初心に帰ってみるのもおすすめです。

過去の歴史から現在のじぶんを見直すこともできます。

開業した当時の事務所の前を通った話

先月、数年ぶりに開業時の事務所の前を車で通る機会がありました。

開業したときに借りていた事務所は、マンションの1室ではなく、店舗型の事務所。

今となっては、訪れることのない場所ですし、わざわざどうなっているかを見に行くということもありませんでした。

まぁ、あえて行かないようにしていたところもあります。

「現在はどうなっているんだろう?」と思いつつ車で横の道路を通ったのですが、当時の事務所には介護事業所が入っていて、景観も少し変わっていました。

やはり、当時の場所をみるといろんなことが思い出されます。

・朝早く事務所について、ゴミ出しをしていた
・事務所の前を掃除していた(タバコの吸殻や空き缶が転がっていると凹みます。)
・事務所に1日ひとりでいることもあった
・突然営業がやってくることもあった
・当初は仕事がないのに意味なく残業していた
・近くのカーマに事務所の備品を買いに行った
・ランチは家からの弁当やとなりのコンビニ
・事務所にいない時間のほうが多い
・付き合いで飲み会に参加
・紙の情報をもらって会計入力
・公民館で公演した(依頼をいただき)
・事務所の看板はない(今もですが)
・打合せなくてもスーツ

感慨深くもあり、いろいろあったなぁと。現在は動きも環境もかなり変わりました。

当時借りていた事務所を借りていませんし、通勤もなくなりました。お客様の資料を紙で保管することはしていませんし、営業がやってくることもありません。

顔を出すところも楽しめるところだけにしています。

逆にひとりというのは変わりませんし、ランチは11時台、ごみ出しは週2回やっていますが。

そうして、変えたほうがいいと思い、いろいろと変えた結果、今に至っています。

じぶんにあっていたかどうか?の振り返り

独立してからどう仕事をするかというのはそれぞれですが、わたしとしては最初からじぶんにあったスタイルが選べたわけでもありません。

何があっているかもわからなかったのです。

最初はネットどころかHPももっていませんでしたし、ひとを雇うのも気が進みませんでした。

事務所にいる時間が少ないのに、毎朝、時間をかけて通勤していました。さらに打合せがなくてもスーツ。

じぶんが望んでいればそれはそれなのでしょうが、わたしはネットにじぶんをだすのがイヤでしたし、スーツじゃないと怒られるのでは?と、ちちごまっていました。

そういうことをじぶんの気持ちに合わせるように変えていきました。

いろいろなことを少しずつ変えてきて現在に至ります。その結果、現在のスタイルがじぶんにはあっていると感じるところで、変えてよかったなと後悔はありません。

初心に帰ってじぶんにダメ出ししてみる

5年ぶりに当時の事務所があった場所を見て、初心を思い出せるというメリットもありました。

開業した日、電子申告ができるのに、独立を味わいたくてあえて税務署に開業届を出しに行ったときの気持ちや、ブログをやろうと決意したときの心境。

当初から現在まで独立を続けることができているありがたみ(家族やお客様への)など。

いっぽうで、当時のことを思い出したから、いまのじぶんにダメ出ししたいこともありました。

当時はもっとがむしゃらにやっていたのでは?という感情もでてきたのです。

過去の歴史には、失敗もたくさんあるわけですが、それを振り返ることで、逆にダメ出ししたいこともあり、今後のじぶんに活かせるのでは?と気づくことができたのは収穫でした。

やりたいと思っていて、やれていないことがあったということです。

そのあたりは、この2021年にやっていこうかと。(と書いておきじぶんにプレッシャーをかける。)

初心に帰ってみると、気づくこともありますし、また新たな気持ちをもてるようにもなります。新年に過去にいた場所を訪れてみるのもいいかと。


【編集後記】
昨日は年明けの個別コンサルティングの調べごと、じぶんの確定申告の準備などをすすめてから、家の大掃除をして年越しそばを食べたり、子どもと遊んだりということで年を越しました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
朝のウォーキング中に雪が降る
SONY Z-V1
ATEM MINI