年末のうちに独立を決めるという選択もあり

独立

何かを決めるのに、年末を1つのきっかけにするのもありです。

年末だからできることもある

やりたいことをずっと引っ張ってなかなかやれないということもあるでしょう。

やりたいことを夏休みにやろうとか、冬休みにやろうと思っていてもなかなかできるものでもありません。

わたしはそのタイプです。

たとえば、ブログ。

たまに書いてそれでいいネタを書けばいいのですが、たまにとなるとブログを書けなくなるでしょう。

たまにであれば、ブログネタも熟成されたものができるかといえば、そうでもありません。

中には、たまに書いてすごくいいネタが書けるという方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしはその才能はなく。

だからこそ、毎日やりたいブログを更新していますし、ひたすらシュート練習もするという感じです。

やりたいことを続けるには、少しずつがおすすめですが、何かしら行動を変えたいと一気に舵を切りたい、迷っていることもあるでしょう。

それであれば、年末のうちに考えてみるというのも1つです。わたしは年末だから決められたということがありました。

年末にあっさり決まった独立

わたしが独立を決めたのは、年末です。実際に独立したのは2015年6月1日ですが。その前年の12月末に独立を決めたのです。

当時は勤務していましたから、12月はいわゆる繁忙期。独立の希望をもちつつも、家に帰ってからじっくり独立を考える時間をなかなかもてませんでした。

そうして、じっくり考えることができたのが、年末の休みでした。

年末は数日休みになりますから、その間にいろんなことを考えることができたのです。

  • 売上、収支計画はどうなる?
  • どこで仕事をする?
  • 必要なものは何?
  • どんな申告ソフトをつかう?

といったことを決めて、アテもないながらも見通しがたったところで、妻に独立するというのを年末に伝えました。その後に両親や妹にも。

年が明けてから気持ちを切り替えたいというのがありましたし、もやもやした気持ちを年末に精算したいというのもありました。

その効果もあって、年明けからは仕事が終わってから家に帰って、水面下で独立の準備をすすめることができました。

その後、確定申告の繁忙期とやらがあり、独立したのは6月1日でしたが、この年末があって現在があったともいえます。

年末をきっかけにするのもいい

年末といえば、一区切りのタイミングです。翌日の1月1日から新たな1年となります。

しごとや人生が年で完結するわけではなく、ずっと続くわけですが、年末は振り返りしやすいタイミングでもあります。

その振り返るタイミングで、大きく舵を切るという決断をするのもありです。

何かをまとめてやるいうとなかなかやれませんが、どう動くかを決めるには年末もおすすめです。

これから独立を考えている方の参考になればうれしいです。


【編集後記】
昨日は税理士業をやり、その後に買いもので外出をしたりという1日でした。長女(12)にスマホをもってもらうことにしました。どう付き合ってもらうかは考えものですが、習いごともあり、連絡ができないのは何かと困るので。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある通知
LINEモバイル契約