Valenti P-OS-018。 DJI OM4(ジンバル)をサッと取り出せるように。

つぶやき

OM4(ジンバル)を持ち歩くのに、アクセサリーを買って使っています。

試したいときにサッと出せるのが気に入っています。

サッと出せるかどうか?

先日、ジンバルを買いました。それを少しずつ試しています。

DJI OM4レビュー はじめてのジンバル・はじめての動画撮影でわかったこと | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

スマホを強力なマグネットで接着して使うジンバル。

スマホだけではできないことができるのも魅力です。

ブログでも写真を使っているので、サッと写真を撮ることもありますが、その場面がいつどこでやってくるかはわかりません。

写真を撮りたいとか動画を撮ってみたいと思ったときに、スマホとともにジンバル(OM4)もサッと出せるようにしておきたいものです。

外出するときはリュックで動いていますが、とはいえ毎回リュックを下ろして、ジンバルを出すのもタイヘンです。

そこで、今回購入したのが冒頭の写真のValenti P-OS-018。

肩掛け用のバッグです。

バッグを持たず、肩からかける

このバッグのいいところは、コンパクトなところ。

ちょうどOM4が入るサイズくらいの大きさで、よぶんなスペースはないという感じです。

通常、OM4は折りたたんでコンパクトにできますし、着脱式のスタンドもあるのですが、付けたまま収納できるのです。

GOforIT

これならサッと取り出すこともできます。

前のポケットには、iPhoneを入れておくでもいいでしょうね。一応入ります。

GOforIT

あと、重さはどうか?

肩からかけたときの重さも実はそれほど感じません。(わたしは)

ちなみに、OM4のケースとして紹介されているのは、これではなく、通常のいわゆるカバンタイプものもですが、片手で持つか、リユックに収納することになります。

ただ、これだと手がふさがってしまったり、リユックにいれたりする必要がありますので、わたしにはこれがイタイのです。。

リュックで仕事をするようになって感じたのですが、両手が空いているというのはラクです。

子どもとと一緒に歩くときも、手をつなげますし、動きやすいですから。
GOforIT 5

新しいことは何度も試せるように

あたらしいことを、0→1にもっていくのはカンタンではありません。

じぶんでやろうと思うとなおのことですし、取り出しにくいと「まぁいいや」となってしまう可能性もあります。

だからこそ、あえてサッと取り出せるようにしておきたいものです。

すぐに取り出して、ちょっと触る。それを何度も試していけばできることも増えていくかと。

ひとまず環境からつくるのも手でしょう。

OM4のバッグ。ジンバルを試している方の参考になればうれしいです。


【編集後記】
昨日は朝に税理士業をしてから、午後は私用で外出でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スタバ ららぽーと愛知東郷3階店