仕事の環境があわなくなったら思い切って変えてみる。

独立

仕事をするときに、環境というのは大きな影響があるものです。

勤務しているときは、他人のつくった環境に慣れることが必要になります。いっぽうで独立すると、しごとの環境はじぶんでつくっていくことになります。

一流選手にとっても環境は大事

わたしの趣味の1つにサッカー観戦があります。(以下、興味のない方はとばしていただければ。)

特に海外のサッカーは、高校生の頃から研究していて、語ることには自信があります。

その欧州(ヨーロッパ)のサッカーは、通常、9月に始まって、6月頃に終わるというシーズン。

今年は新型コロナウィルスの影響があり、途中で試合が中止になり、シーズン終盤の5月、6月から各国リーグが再開されるという特殊な年でした。(EURO2020の1年延期は残念でしたが、早々の決定は英断だったといえます。)

その空いた期間、7月から8月までは選手のオフの期間であり、何もないかと思いきや、オフには選手の移籍が数多く決まります。

毎年、一流選手が移籍することも多く、試合とはまた違った楽しみがあります。

特に今年はメッシが2000年から在籍しているバルセロナを離れる可能性があって、より注目されています。

20年在籍のメッシでも移籍を望みます。移籍ルールの問題もありますが、心境の変化というのもあるのでしょう。

そして、どんな一流選手でも移籍したチームで

  • 監督が交代する
  • 監督とあわない
  • チームに馴染めない
  • 国の文化に馴染めない

というように環境があわないと、驚くほど活躍できなくなります。逆にその環境にあえば、大化けする可能性もあるわけです。

今の環境があっているかどうか?

仕事をする場合にも、やはり環境があっているかどうか?を考えておくことは欠かせません。

一流選手でも環境次第なのですから、わたしの場合はさらにさらに環境が大事になってきます。

これまで、独立するまでに3回ほど環境を変えてきましたが、環境があっているかどうかというのは、実際にそこで働いてみないとわからないわけです。

もちろん、これまでに経験した環境ではいい経験もできたのですが、具体的に環境を変えた理由は、環境の変化による不安や危機感が芽生えたことでした。

「深夜までの残業で休みが楽しめない」

「このままでは何も武器がないままでは?」

「相続の仕事をやってみたい」

とはいっても、環境を変えることはカンタンではありません。環境を変えるというのは思い切りも必要です。

そこで、前述した選手の移籍をイメージしていました。移籍はサッカーの世界では普通のことです。

もし、独立を考えている方で環境があっていないと思うなら、新しい環境を求めて思い切って移籍してみるのも手です。

独立後はじぶんで環境をつくる

独立して、組織からひとりへと大きく環境を変えました。いわば海外移籍のようなものです。

その独立後は環境はじぶんでつくっていくことになります。

すでにある環境ではなく、ゼロからのスタートになりますし、反対する人もいません。

人を雇っていても、ルールや環境をじぶん主導でつくることになりますから、ひとりで仕事をしているとなおさらです。

わたしが決めているのは、

  • 税理士業は17時までに終える
  • 土日祝は基本休み(コンサルティングはO.K.)
  • 朝から仕事をする
  • ランチは11時台に
  • ブログを毎日書く
  • 確定申告時期の残業をしない

といったことです。

とはいえ、じぶんで環境をつくっていても、心境の変化というのはあるものです。

それならばと、翌日には動けるのはひとりのいいところでもありますが。

最近だとコロナで自宅にいる時間が増えたので、環境をいろいろ変えてみたところです。

じぶんが仕事を楽しめる環境を見つけましょう。わたしの場合には独立があっていたということですが、勤務するほうが会っている方もいますし、それは人それぞれです。

その環境に身をおいてみないとわかりませんが、今よりよくなる可能性があるなら、変えてみる価値はあります。

環境を変えることでの違いを体験できたり、新しくできる仕事もあるはずです。


【編集後記】
昨日は午後からお客様と打合せ。夕方にゲオの抽選でリングフィットアドベンチャーが当選したので、それを購入しにいきました。聞けば、最近は割と当たるようにはなっているみたいではありますが。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
リングフィットアドベンチャー
スーパーマリオメーカー2
ゼルダの伝説〜夢を見る島