期限までに入金がない場合にやるべきたった1つのこと 売上→お金を意識

経理のコツ

仕事をしても、入金がないということもありえます。その痛みに速く気づいて対処することが必要です。

売上が上がったその後

売上が上がるとうれしいものです。自分のサービスを買っていただいてるわけなので。

その反面、売上が上がっただけではまだ喜べません。

例えば、サービスを提供した月の翌月末に入金していただくという場合、入金までつながらないと意味がありません。

その売り上げのためにかけた経費や時間が無駄になりますので。

ただ、可能性としてはあるわけです。

振り込みをお願いしていれば、振込処理がなされなければこちらに入金はされませんし、口座振替にしていたとしても、預金残高がなければ引き落としはされません。

そうなった場合には、肝心なお金が入ってきません。

まずは、支払期限の記載が請求書にないなど、こちらに手落ちがないかどうかを確認しておきましょう。そのうえで問題なければ次の手を打ちます。

入金がなかった場合にやっていること

入金がなかった場合には、督促をするしかありません。

ただ、督促するというのは、エネルギーを消耗します。

勤務していたときは、入金がなかったとしても直接的な痛みを感じていませんでした。

ただ、独立してからは痛みを感じます。

もし、入金がなかったら

「あれ?どうしたんだろう?」
「何かあったのかな?」

あることないこともんもんと考えてしまいがちです。

ただ、考えても時間が過ぎるだけですし、お金も入ってきません。

実際に入金がなく、もんもんとしたこともあったのですが、「入金日を間違えていた。」などちょっとしたことが理由でした。

そうしたことも、確認してみないとわかりません。

現在は、期日の翌日に入金がなかったらドライに督促をするようにしています。

そもそもの話になりますが、まずは入金がないんだということに気づけるようにしておく必要があります。

未入金に気づけるようにしておく

支払期限までに入金がなかった場合に、翌日すぐに気づけるようなしくみがなければ督促もできません。

会計データで入金を確認

会計データから入金がなかったことに気づけるようなしくみを作っておきましょう。

具体的には、元帳などで確認できるようにしておく。

大前提として、入金があったときに売上を計上する、いわゆる現金主義にしてはいけません。

入金があったときに売上にするということは、入金がなかったらいつまでも売上が計上されないということです。

これは、そもそも会計処理として正しくはないのです。

取引をした時に売上を計上して、売掛金(未入金扱い)にしておきます。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
売掛金(A社) 110,000 売上 110,000

売掛金にタグを付けたり、補助科目をつけたりして、お客様ごとに管理しておきます。

そして、入金があったときに売掛金を消し込みします。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
普通預金 110,000 売掛金(A社) 110,000

入金がなかったら、売掛金の残高が残っていることになるので、未入金にも気づくことができるでしょう。

freeeで請求書を発行している場合、支払期限までに入金がなかった場合には、翌日メールが届きますので、そこで気づくこともできます。

いずれにしても、まずは未入金だということに気づけるしくみが必要です。

メールを送る

間違いなく入金がないことを確認したら、お客様に連絡しましょう。

私はメールやチャットで連絡しています。電話では連絡をしません。

連絡するこちらもエネルギーを使いますが、お客様もエネルギーを使います。単に忘れているだけのこともあり、やんわりメールで伝えた方が誤解は生じにくいと感じています。

私がお客様の立場だったら、いきなり電話が来たらびっくりしますので。

連絡するための文章は定形にしています。こういうのはサクッとご連絡したほうがいいと思うので。

入金確認もドライに

何度も入金がないかを確認するのは、時間を浪費します。

入金があったら、わかるようにしておくと、何度も確認しなくてよくなります。

そのしくみの1つはネットバンクです。

現在契約しているSBIネット銀行は入金があると、冒頭の写真のように「振込入金がありました」とメールが届くようになっています。

だいたい数時間後にはわかります。

あとは、マネーフォワードMEに個人も会社もネットバンクのデータを連携しているので、そのデータ連携から翌日に気づくこともあります。

ドライに対応するためには、しくみも大事かと。

連絡も入金もないようなら、次の仕事はあきらめるしかないと覚悟もしています。まだ、そういう経験はありませんが。

仕事をしたら、売上がお金に変わるところまでを意識しておきましょう。お金に変わってようやく売上といえます。


【編集後記】
昨日はじぶんの月次とスポット相談をオンラインで対応などでした。長男(5)が夏休み、一緒にいる時間が増えて、仕事中に部屋にもやってきますがちょっとうれしくもあります。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
LES ROSIERSアイス