Amazonもいいけど…書店に行ってわかることもある ひとりしごとでの活用パターン

独立

本を買うとなると、Amazonで買うことが多いのですが、書店には書店のよさがあるものです。

私が書店の魅力だと感じていることなど、まとめてみました。

Amazonでポチって本を買う

本を手にする手段は多様化しています。

私の場合には、Amazonで買うことがほとんどです。

気になる本があれば手軽に購入できますし、翌日に届く、もしものときは返品ができることも。
(先月は購入した本がなぜか2冊届きましたが、返品を受け付けてくれました。)

さらに手元に置いておきたい本はKindleで購入し、保存できる、重さが変わらないというのもメリットです。

IMG 2795

Amazonは確かに便利なのですが、書店には書店のよさがあり、私はときどき顔を出すようにしています。

たまーに本屋でも買います。

書店には、Amazonにはない魅力もあるものです。

書店にしかない魅力

あの手、この手で店舗のスタイルを変えても、やっぱり書店はあった方がいいよなぁというのが私の結論です。

書店のよさと感じることには、次の3つがあります。

カフェと併設

最近は、カフェと書店が併設されているスタイルが多いです。

私の知る限りですが、愛知県にもこのタイプのお店が増えています。

少し前に、近くのイオンモールがリニューアルされて、スタバ併設の書店ができました。

IMG 1021

あと、ららぽーと名古屋港アルクスにもTSUTAYAがあり、そこにもスタバが併設されています。

IMG 6631

書店の本を読むことができる最近のタイプで、わたしもときどき利用しています。

個人的にはこのスタイルが好きで、ブログを書いてて、合間に本を読んでみたり、というのがよかったりします。

予期せぬ出会い・刺激

Amazonの場合、自分の購入履歴を認識して、次回におすすめの本を表示してくれます。それゆえに表示される本は、同じ方向性の本が多いです。

これに対し書店に行くことで、自分が想定していなかったような本との出会いがあることも。

平積みしてある本を俯瞰してみることもできるため、「最近はどんな本が売れているか?」といったトレンドを知ることもできます。

そのときにAmazonだったら、見つけていないだろうなという本にも会えます。

中身をサッとみて買えるというのもやっぱりうれしい点です。

独立前、書店に行って、いろんな本をパラパラ読みしたり、本を眺めるだけでもいいアイデアをもらったりするなど、「やらないと…」という刺激をもらって帰ってくることも何度もありました。

待ち合わせ

近くに書店があれば、待ち合わせ場所とすることも多いです。

昔、何かの本で「待ち合わせの場所は書店がいい」というのを読んで、それから近くに書店があれば、そこを待ち合わせ場所にするようになりました。

IMG 3975

事前に早くついても、本があればその間にちょっと手に取ってみたり、何かトラブルがあって、待つことになったとしても、本があれば、必要以上に待っている感を味合わなくてもよかったりします。

私は人を待たせたくない、いわゆる心配性。「電車が止まったら?」などを考えてかなり早めに行動するようにしています。

ひとりしごとでの悩み解決の場所

独立してからも判断が難しいことは出てくるものです。

とはいえ、上司もいないですから、相談できる相手もいません。

そういうときに、大きな書店に行って、その分野の本を根こそぎ確認するということをやっています。

その中で特にヒントになりそうな本を数冊買います。

Amazonで間に合うときはネットから注文ですが、どんなことが書いてあるかまではなかなかわかりません。

実務書であれば、書店で探した方が、いい本、いい答えが見つかる可能性が高いと感じています。

実際、独立してからは、大きな書店に2回ほど行き、根こそぎ本のタイトルで気になったものを根こそぎ買って、答えを出しています。

ひとりゆえに決めるのは自分ですが、相談できる相手がいるというのはやはり心強いものです。

同じ理由で、図書館も大量に借りたりすることもあります。

図書館は、新しい本もありますが、最近でないちょっと古い本にも出会えるのがよかったりします。

 


【編集後記】
昨日はオフ。奈良にドライブがてら出かけてきました。山の方に行ってみると、雪が降った後のようでしたが、アスファルトは何とか大丈夫でした。夜は妻に予定があり、食事は子どもと3人でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
華・幕の内弁当