確定申告のためだけの経理はやめておく 数字を見ながら行動を決める

経理のコツ

税金のための経理をするのは、もったいないです。

そのために毎日経理をして、毎月数字を確認することをおすすめしています。数字を通じて判断できることも多いからです。

確定申告のためだけに経理する?

フリーランス、ひとり会社。

じぶんで仕事をしていれば、毎年確定申告が必要です。(会社の場合には決算ごとに)

そして、利益が出ていれば、確定申告するのは義務ということになっていて、その確定申告をするためには、経理をして年間の数字をまとめないといけません。

ただ、経理を税金の計算のためだけにやっているとなると、まとめてやる、慌ててやるという立ち位置から抜け出せないでしょう。

義務となると、どうしても受け身になってしまいます。それでは、現状もわからず、さらに税金がいくらになるかわからず不安になるはずです。

そうではなく、せっかく経理をするなら、じぶんの仕事に活用できるようにしたいものです。

そのために日々経理をして、毎月決算をして数字を見ることをおすすめしています。

じぶんの現在地を知っておく

私自身、毎朝に経理をしています。日々、売上げたり、購入したり、入金があったり、支払いがあったりしますので、数字は動いているものだといえます。

その動きを毎日チェックしているということです。

前日のレシートで、データ連携できないものがあれば、入力しています。(昨日だと前日に税理士会の書店で買った本、現金払い…)

毎日、預金残高も確認しています。お金がなくては仕事ができなくなってしまうので、そこは必ずやっています。

さらにお金が増えているか?減っているか?

どのくらいの利益になりそうか?

どのくらいの税金になりそうか?

この時点では完璧を求める必要もなく、ざっくりでもいいかと。それよりも現在地を知ることの方が大事です。

毎日やっているのは、溜めないためでもあります。経理を溜めてしまうと、やっぱりやる気が遠ざかりますので…。

判断は数字をもとに

毎月、数字を確認しておくことで、判断材料に使うこともできます。

例えば、節税したいという場合、経理をしていないと、「いくら節税したい?」の部分はまったくわかりません。

一方で毎月数字を確認して、現在地がわかっていれば、そこまでの実績と少し先の予測だけで、「いくら節税する?」の判断材料にすることもできます。

節税したいとやみくもにやっても、必要以上にお金を減らす結果となるので。

せっかくの大事なお金、効果的に使いたいものです。

じぶんの「これからどうする?」を決めるのにも、やはり判断が必要で、そのときにも毎月の数字がわかっていれば、判断しやすくなります。

銀行から融資を受けたいという場合にも、申告書や直近の数字を求められます。

積極的に経理をしてすぐに必要資料を出せるかどうか?数字に明るいかどうか?という点でも銀行にとっての印象は違うものです。

そういった意味でも、じぶんの現在地を知っておくことは欠かせません。

義務を義務のままにしないためにも、数字を積極的に活用していきましょう。


【編集後記】
昨日は個人のお客様と打ち合わせ。その後は確定申告の仕事を前倒しでやりました。子どもたちがルパンの映画を見たいと騒ぐので週末に行こうかと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ガリガリ君リッチ バターサンド