じぶんで毎日経理・毎月決算をするススメ

経理のコツ

経理は「めんどくさい」との戦いです。

「めんどくさい」を乗り越えないと、見たいときに数字を見れずに、数字がわからないという苦手意識を払拭することはできないからです。

「めんどくさい」を払拭するには?

経理のスキルを身に付けるのは、敷居が高いものと感じるかもしれません。

ただ、フリーランスやひとり社長の会社であれば、身につけておいて損はないでしょう。

身に付けるために、お金が必要になることもあるでしょうが、一度理解しておけば、これからずっと役に立つものです。

まずは「これは旅費交通費か研修費か?」というような細かい内容を理解しなくても、ざっくり「利益がいくらか?」「お金が増えたか?減ったか?」がわかるだけでも効果はあるものです。

めんどくさいというイメージの強い経理であれば、単なる事務処理でしかなく、誰かにお願いするという話にもなるでしょう。

ただ、経理を「成果を測るものさし」「これからどうする?」を知るための地図だと考えれば、その考え方も変わるのではないでしょうか?

そのめんどくさいだけのイメージを払拭するためにやれることはあります。

毎日経理が「めんどくさい」を減らす近道になる

めんどくさいという感情は、やることを溜めるほど大きくなるものです。

であれば、「溜めない」ということが解決策の1つになります。

具体的には、毎日少しずつ経理をすることです。

私は、朝起きて最初にやることの中に経理が入っています。

前日のレシートについて経理処理をします。あってもせいぜい2〜3枚。10分程度といったところです。

さらに利用しているサービスのデータをネットからとって、経理のために利用することもできます。

そう考えると。「めんどくさい」という感情はかなり減るのではないでしょうか?

もし私も経理を溜めてしまっていたら、きっとめんどくさいとなっているはずです。

毎日経理することのメリットは、もう1つ。すぐに処理すれば何に使ったか?をはっきり覚えています。

これが経理をしないで溜めてしまうと、「あれ?これって何に使ったんだっけ?」となり、イチから調べないといけなくなります。

以上から、コツコツやっていくのが、めんどくさいを減らす一番の近道だと言えます。

毎日というと、少々ハードルが高いと思うかもしれませんが、1日5分〜10分だけと考えると、溜めてまとめての方がはるかに大変ではないでしょうか。

毎月決算をして数字をチェックするメリット

毎日の経理とともにおすすめしたいのが、毎月の数字をチェックすることです。

「会計事務所に入力をお願いしたら、ずっと連絡がなく、利益がいくらかさっぱり分からずに不安」

「期限の直前になって、税金を払うためのお金をかき集めるのに大変だった」

というような経験はないでしょうか?

人にお願いするということは、楽ではあるのですが、その反面、確認したいときに確認できないというデメリットもあります。

「どのくらいの利益になりそうか?」

「どのくらいの税金を払うのか?」

がざっくりでもじぶんで確認できればどうでしょうか?

今やっていることが上手くいっているかどうかがわかりますし、直前まで税金がいくらになるか分からなくて必要以上に不安になったり、直前になって税金がいくらかを知って驚くこともなくなります。

毎月の利益が出た段階で、税金をざっくり計算してみることで、税金がいくらか?という事実を毎月少しずつ受け入れることもできます。

さらにお金が増えるか?減るか?という予測までできれば、事前の資金繰りの準備もできます。

その仕組みをどうつくったらいいか?がわからなければ税理士に聞いてみたり、コンサルを受けるという手もあります。

ちょっとのお金を投資しておけば、税理士に記帳をお願いする必要はなくなりますし、経理がわからない後ろめたさやお金の不安を少しでも拭えるのであれば、じぶんで経理する価値はあります。


【編集後記】
昨日は朝から栄へ。キン肉マン展を見てきました。そのあとランチを食べて、地元に移動し、アナ雪2を観賞という1日でした。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
キン肉マン展
フジヤマ55 海老味噌ラーメン