ネットに住むメリットは知っていただけること 誰かのきっかけになれるといい

ブログ

ネットで発信をし始めてから1,243日。営業はもちろんですが、誰かの気づきになれればいいと思っています。

ネットに距離は関係ない

ブログを書き始めて3年以上になりますが、そもそもブログを始めたきっかけは知っていただくためでした。

ちなみに。私は独立前からブログを書いていたわけではなく、独立して1年間はネットの世界には一切足を踏み入れませんでした。

ネットに自分を出すというのに抵抗があったからです。

ただ、1年過ぎようとする頃に、こんなことに気づきました。

「ひとりで仕事をするなら、知ってもらわないといけない」ということに。

ネットに自分を出すことへの抵抗感を捨てて、ブログを始めたのはそれからまもなくのことです。

今日までネットに住んでみて、真っ先に感じるのは、ネットの世界では距離は関係ないということ。

IMG 4194
ネットを利用していなければ、営業も自分が足を使って動く必要があります。知っていただくには実際にお会いするしかありません。

IMG 1561

でも、ネットなら発信をみていただければ、知っていただけますし、仕事をいただけるというメリットもあります。

たとえ300km離れていてもネットなら距離は問題になりません。

誰かのきっかけになるための発信

もちろん、ネットで営業というのも大きな魅力ですが、じぶんの発信が誰かの行動のきっかけになればいい…というのも私にとっては魅力です。

じぶんが想定していないようなところでブログをご覧いただいていたり、「セミナーで話を聞いて実際にやってみました」という声。

そんなことを耳にすると、テンションも上がります。正直なところ。

こういう経験は、ブログを書いていなければ、絶対になかったことです。

どこで誰が見ているかもわかりませんし、ブログで発信するにはそれなりにパワーが必要ですが、ブログは確実に自分にとって、いい影響がありました。

バランス感を保つためのブログ

そして、軸をつくってくれた毎日ブログを書くか、たまに書くでいいか?

いろんな意見があると思うのですが、私の答えとしてはこれまでどおり毎日。

毎日書くことで考える時間、書く時間は絶対にできますし、読む、書くスキルは今後も確実に必要なスキル。磨いておきたいのです。

さらに、じぶんの発信が毎日となれば、インプットとアウトプットをせざるを得ません。

自分からするとこんなこと、ということでも、誰かのきっかけになっている可能性もあります。

なので、じぶんの中で決まれば、ためらわずに発信しています。

ネットにじぶんを出すことに抵抗があった日が懐かしい。

仕事の営業はもちろんですが、私の中では誰かに貢献できる、軸をみがいてバランス感を保つ、ネットの世界に住むのが、今のじぶんにとっての軸になっています。


【編集後記】
昨日は午後からセミナー開催。その後の懇親会でもいろんな話ができて楽しめました。最後はPayPayで決済。19時過ぎに解散だったので子供たちにもなんとか会えました。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
花○商店
Quicktimeでセミナー収録