売上の数字は見るけど必要以上には追わない 目指すは食べていくための利益・時間の利益

つぶやき

売上を必要以上に追わないようにしています。

確かに利益は増えるでしょうけど、仕事とプライベートのバランスが崩れるからです。

売上拡大を目指さない

通常、独立すれば、

  • 仕事がどんどん取れている
  • お客様の数をどんどん増やす
  • 人を増やす
  • 事務所を都心に移転する
  • 支店をつくる
  • たった数年で売上〇〇円

などのいわゆる拡大の方向性を目指す方は多いでしょう。

実際、それはそれですごいなと思いますし、否定する気もありません。

ただ、私が独立して決めているのは、拡大経営は目指さないということです。

自分には、そもそも人を雇うという気持ちがないですし、人に教えることも苦手です。

私がもし人を雇って旅行に行くとなると、スタッフに気を遣ってしまい動きにくくなることは確実です。

お客様をどんどん増やそうとも思えないのです。

独立してから、人を雇おうと思えないことから、自分自身で拡大経営が向いていないと気付きました。

そして、決めたのは、売上拡大を目指さない。売上を必要以上に追わないということです。

売上を拡大して利益を出せるかどうか?

もちろん、売上がゼロでは仕事を続けることはできません。

だから、ある程度の売上は必要になります。

ただ、だからと言って、どんな依頼でも断ることなく受けていたら、確かに売上は増えるかもしれませんが、果たして利益も増えるかどうか。

この拡大した売上と経費のバランスをとるのは私には難しいのです。

じぶんが残業したくないのに、人に残業してもらうなんてことはできません。

かと言って、スタッフには残業なしで帰っていいよというルールにしたとして、仕事が多すぎて自分が背負った結果、帰れなくて事務所で朝までとなると、いったい何のために働いているのかもよくわからなくなります。

それをスタッフに「もっと効率化を考えて仕事して!」というのも何だかなぁという感じです。

じぶんが勤務時代にストレスに感じていたことを、他の方に同じような思いをさせたくないわけですが、自分が雇う側になったらそうさせないとは言い切れるかどうか。

きっと私には難しいんじゃないかと思っています。

だからこそ、必要以上に売上を追わないようにしています。できない仕事、違和感がある仕事は受けないようにしています。

法人顧問20件とか無理ですし、相続税の申告を年間15件とか無理ですし。

そもそも、売上を拡大しなくても経費をそれほどかけなければ、利益は出せるはずです。

果たして、それができているかどうかというのは、毎月数字をみて確認しているところです。

時間利益を黒字にしたい

独立してよかったと感じているのは、誰に気兼ねをすることなく時間の使い方を選べることです。

  • やらないしごとを決める
  • 平日に出かける
  • 家族との時間を持つ
  • 毎朝早く起きて仕事
  • ランチは早めに
  • 平日(春休みや夏休み)に旅行に行く
  • ブログを書く

売上拡大を目指すと、私の場合、この時間利益は赤字になります。

それがイヤで、食べていけるだけの売上を確保して、売上の拡大はあきらめるという道を選びました。

その代わり時間の利益を確保したいという考えです。

となると、仕事のやり方も考える必要があります。そんな課題があって、どうなるかは自分次第という環境もじぶんには合っているかなと感じています。

独立前・独立後の生き方を妻はどう考えているか? 7つの質問に回答してもらった | GO for IT 


【編集後記】
昨日は1日オフ。とはいえ台風でほとんど外出せず。外出したのは、ちょっと買い物に行ったくらいでした。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
AppleTV