会社の株には価値がある 事業の承継・株式の移転には時間がかかるもの

相続税

中小企業の株は、相続財産になります。でも、それを知らない方も意外と多いです。

今回は、中小企業の後継者の方の視点から、どんなことをするべきか?をまとめてみました。

会社の株には価値があるという話

株式会社をつくるとき、出資をします。

出資した人は株主です。(株主かどうかは、法人税の申告書を見ればだいたいわかります。)

ここまでは普通の話。でもこの先のことは意外と知られていません。

まず、この株は相続財産になるということ。上場しているわけじゃないのに…です。

で、その上場していない中小企業の株ですが、値動きはあるものとされています。

ざっくり言うと、会社が利益を出していくと、だんだん会社の株式の値段も上がっていきます。

「その株式を見たことがあるか?」と聞かれれば、ほとんどの方は「見たことがない」というはずです。

なぜなら会社の株式は発行されていないケースがほとんどだからです。(会社の謄本を見れば、発行会社かどうかわかります。)

ここまでで、現物が見えないのに財産になると言うのに違和感があるかもしれませんね。

でも、話はここで終わりません。

じゃあ、その会社の株が売れるのかどうか?

配当をたくさん出していて、株主としてのメリットもあると見込めれば、買ってくれる方もいるかもしれません。

ただ、今やそんな会社はほとんどなく、約束もされていないわけですから、親族以外で買ってくれるなんて人はまずいないでしょう。

そんな会社の株式です。会社の株価がだんだん上がっていき、ついには会社の株式だけで相続税がかかるほどの株価になっていることもよくある話なんです。

ということで、まとめると。

会社の株式は

  1. 見えない
  2. 売れない
  3. 相続財産になる

という3拍子が揃った財産ということです。売れない以上、どこかで手を打つ必要があります。

移転するには時間がかかることもある

黙っていても相続財産になる会社の株式、価値があるのに売れない財産です。

相続税が増えてしまい「相続税を払えない」とならないためにもなんとかしないといけません。

じゃあ、その会社の株はいったいどうしたらいいか?

これは適度なタイミングで、後継者の方が取得していくしかありません。

相続が起きる前に個人間でやり取りするなら、もらうか?買うか?が通常でしょう。(納税猶予というのもありますが、私はおすすめしない主義です。)

ただ、株を移しましょうと一口に言っても、これがなかなか難しい。

なぜなら、いちばん株式をもっている現社長(とは限りません)が、会社の株を少しずつでも手放してもいいと思っているとは限らないからです。

どう考えているか?を知っておく必要があります。

そもそも株があるなんて思っていないかもしれませんし、株がないと経営権をもてないということもわかっているかどうか?

移転するにしても、贈与でいいと思っているかもわかりませんし、「これまで大変だったのにあげるなんて…売りたい」なんて思っているかもしれません。

ただ、買うとなると、買うためのお金が必要なわけで、借入れしたとして返済原資はどうするか?役員報酬を上げる?

など考えると、一筋縄でいかないことも多いものです。

ちょっとずつ動かせないか?

だからこそ、ちょっとずつ早めに、をおすすめしています。

こういう話になると、疑問にもたれることは「いつからやればいいか?」ということ。

前述したようなこともあり、やはり早いほうがいいでしょう。

お互いに株を渡していこうという共通の意思があり、贈与するとしても、贈与税の場合110万円までは非課税枠がありますし、株価が上がっていくことを考えても、早いほうがいいはずです。

110万円×10年=1,100万円
110万円×20年=2,200万円

ですし。だんだん株価が上がっていくとするなら、早いほうが低い株価で評価できます。

逆にこういう話が想定していないような話であったとしても、同じ方向性になるまでにも、時間が必要となる可能性もあります。

おすすめは、株価を実際に計算してみることです。

株価として実際に確認することで、時価総額も把握できますし、より検討しないと…という意識になるはずです。

気になれば、一度、税理士に評価をお願いしてみましょう。

早いうちに株式はもちろん、話だけでもちょっとずつ動かしてくのが、事業承継になりますし、会社の株の相続税を下げる結果にもなります。

 


【編集後記】
昨日は株価評価の後、個人のお客様訪問。その後に相続税の打合せでした。ホテルの一室に伺ってスペースありすぎな部屋での打合せでした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
メルパルク 百合の間