お客様の反応・うれしい声を最前列で感じることができる独立

独立

独立すると色々やることがあり、大変なイメージがありますが、いい面でもあります。

自分で自由に組み立てて、その結果として、お客様に満足していただけるかどうかもじぶんのやり方次第と言えます。

独立すると自分でぜんぶやる

独立したとき、本当にぜんぶ自分でやるんだなぁというのを実感しました。

値付けをしたり、プレゼンしたり、請求書を発行したり、郵送手続きも。

仕事をして請求して入金までしてもらわないといけないので、その管理も。

もちろん申告書にサインするのも初めてでした。(電子申告ですが)

思い返せば、最初に申告書に自分の名前を入れたときは、すごく緊張したのを覚えています。(今でも気が引き締まる思いはありますが。)

このように、ひとりしごとでやるべきことは様々です。

迷いがあるときにも、自分なりの決断をしないとしないといけません。

周りに相談できる上司や同僚がいた勤務時代に比べると重みはずいぶん違いますが、それだけに選んでいただけた、仕事をしたときの充実感もまた違ったものです。

じぶんの思うように組み立てればいい

ぜんぶじぶんで…というのは、大変なイメージもありますが、じぶんが思ったようにできるのは大きなメリットです。

どんな仕事をするか?値づけも自分で考えて、サービスにする。

お客様と一緒に仕事して、お金をいただく

どんな入金ルールにするかといったことまで、自分で決めることができます。

勤務時代だと、自分で決めることではなかっただけに、慣れていく必要があり、難しさもあるのですが、それでも独立して自分で仕事をしていくためには、メニューや話の中でしっかりと自分の考えを出していく必要があります。

初めてやる仕事には時間がかかるもの

独立後はやりたい仕事を選ぶことができます。

ただ、それがやりたい仕事だとしても、やったことのない仕事というのもあるものです。

パッと終わらせることができれば、言うことないのでしょうが、ときには時間がかかるもの。

ひとりだからなおさらでしょう。

この仕事に時間かけすぎたかも…と思うこともあるのですが、最初にじっくりやらないと、何を変えていけばいいかにも気づかないので、今は仕方ないと割り切っています。

自分自身には反省点がありつつも、お客様に喜んでいただき、嬉しい声をいただけて、それとともにお金を直接払っていただけると、独立してよかったと思いますし、仕事のやりがいも強く感じることができます。

勤務時代には、直接は感じることのできなかったことです。

そして、お客様の声を最前列で聞くことができるのも、ひとりしごとでよかったなと思えることです。


【編集後記】
昨日は朝、眼科に行ったあと、カフェで早めのランチをして、その後に相続税申告の仕事。週末にキャンプに行く予定ですが、なんだか雨模様の予感。今度雨ならキャンセルになるので、なんとか晴れてほしいものです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
カフェドクリエ トーストサンド モーニング ツナ