MUJI HOTEL GINZA(無印良品のホテル)宿泊レポート 一度でいいから銀座の中心で寝てみたいという方へ

MUJI HOTEL GINZA iPhoneXS
ライフ

2019年4月4日。東京の中心である銀座に突如出現した無印良品のホテル、「MUJI HOTEL GINZA」。

先日、この「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してみたので、その体験をレポートにしてみました。

銀座に突如出現した無印良品 銀座とMUJI HOTEL(ホテル)

いきなりですが。有楽町にあった無印良品の店舗が2018年10月に閉店というネットでの知らせ。

何度も行っていただけに少々寂しくもありました。

でも、店がなくなるときって、引きが早いもの。意外とあっけなかったりすることも。

ところが、2019年4月4日。その無印の店舗が場所を変えて、突如、銀座の真ん中に出現しました。

それも店舗だけでなく、宿泊できる「MUJI HOTEL」とレストラン、「MUJI Dinner」を併設した巨大店舗としてです。

IMG 0128

ちなみにMUJIホテルは、この銀座が日本初。あとは海外に2店舗。

場所は銀座3丁目。マロニエゲートの裏あたりにあります。
IMG 0038

MUJI HOTELの部屋を徹底レポート

では、ここからは、MUJIホテルの潜入レポートをお届けします。

車で行くなら絶対に横の駐車場を利用するべし

車で行く方にお伝えしたいのは、専用の駐車場はないということです。

隣に、いかにも専用と見えた駐車場は、実は専用駐車場ではないらしい。

とはいえ、この駐車場が銀座にある割に、すこぶる安いので、ぜひ利用しておくべきでしょう。

係員さん曰く、「ここが銀座で一番安いですよ」と。

IMG 0136

この話が真実かどうかはなんとも言えませんが、ここが安いということは、愛知県という地方から出てきた私にもすぐにわかりました。

だって、路線価でいうと、ここは銀座、1㎡で1,186万円。参考までに大府市は、1㎡でいいところ6〜7万円といったところです。

スクリーンショット 2019 08 10 13 40 39

そう考えると、銀座で12時間1,400円て、異常なほど安いです。

もはや、比較の対象になっていないのですが、大府駅前で駐車料金は1日1,000円ってところです。

まぁ、それはともかく。

今回は1泊して、駐車料金は2,800円。

ずいぶん得した気分になりました。普通に銀座に車停めたらこんなんじゃ済まないでしょうから。

1階はエレベーターがあるだけ

では、さっそく中に。

IMG 0001

入り口はこんな感じです。これは夜なのでちと暗い仕上がりになっています。

IMG 0046

中に入ると、あるのはエレベーターだけ。

5階までは店舗で、6階より上がホテルという構成です。

IMG 0058

ということで、エレベーターでまずは6階へ。

6階でチェックイン 6階から無印の店舗にも行ける

6階がフロントになっています。このスペースが開放的でいい感じでしたよ。

IMG 0011

ここで予約の確認手続きをします。銀座だからなのか、外国の方がなんだか多かったような気が…。

で、そのすぐ横には、レストランがあります。

IMG 0013

こちらは、レストランの夜バージョン。どうです?なかなかいい感じですよね?
IMG 0317

他にもバーがあったり、サロンのスペースがあったりします。ここで本を読んだり、お酒を楽しむことができます。(6階はホテル利用者じゃなくても利用できます)

IMG 0062

それと、アトリエMUJI。(こちらはこじんまりとした感じ)

IMG 0059

さらに、この6階から無印良品の店舗にも直接行くことができるようになっています。

IMG 0016

私が昼間外出している間にも、妻と子どもは友人と一緒に食事や買い物を楽しんだとか。

まぁ、私は私でJRや地下鉄で移動して、昼、夜と楽しみましたので問題ないのですが。

客室

部屋にもエレベーターで行きます。

我が家は10階のうち10階に宿泊。

カードをかざすと、6階より上の階のボタンを押せるようになるというよくあるやつです。

IMG 0068

MUJIホテルには、TypeAからTypeIまで9種類の部屋があります。

IMG 0071

部屋はさきほどのカードで開けます。「カチャッ」

IMG 0072

今回泊まったのは、Type Gで3人用の部屋でした。(すでに子どもたちがはしゃいだ後の光景ですが)

IMG 0081

縦長の部屋で広さは25㎡。

正直、とても広いとは言えませんが、それでも楽しめる部屋ではありました。

2段のベットの横には、それぞれ本棚が。
IMG 0082

難しい本ばかりと思いきや、そうでもなく。
IMG 0094

こういう本もありました。なつかしいバカボン…。

IMG 0086

こちらはジブリシリーズ。アニメ本ですので、子どもにも楽しめるかと。うちも読んでいました。
IMG 0092

アメニティグッズはやっぱり無印シリーズで。持ち帰りできます。

IMG 0079

机とwi-fi環境は欠かせません。ここ数年はこれがないと、かなり凹みます。
IMG 0103

空調、遮光カーテンなどはこれで操作します。電話がないのはイケてます。

IMG 0074

これがTV。

IMG 0105

で、これが洗面所です。もちろん無印の商品です。

IMG 0073

この洗面所の手前に風呂とトイレがユニットであります。
IMG 0080

と、かなり暑い中、東京を色々動いたので、そろそろ眠くなってきたかも…。

ということで、今日はそろそろ寝ますわ。おやすみなさい。Zzz…。

朝食はオプションでなく、あえて地下のMUJI Dinnerで

んで、翌朝。よく眠れたところでさっそく朝食をとりたいところです。

ちなみに、ホテルの朝食をオプションでつけると、大人1,800円、6歳以上900円。

これを安いと思うか、高いと思うかはそれぞれでしょうが、我が家にしてみれば、4人で4,500円ですから、かなり高級な朝食になります。

朝食なしでもいいのですが、それでも、せっかく無印のホテルに泊まっているんだから、1日くらいはMUJIテイストに染まりたいところ。

で、我が家が行くことにしたのは、地下1階にあるMUJI Dinner。

IMG 0109
このビル、地下1FにあるMUJI Dinnerであれば、もう少しリーズナブルに食べることができます。
IMG 0118

MUJI Dinnerは、宿泊しない方でも利用できるレストラン。朝食の提供もあります。

メインに、サラダバーも食べれば、朝食としてはきっと満足できますよ。

IMG 0318

今回我が家で食べたのは、

  1. おにぎりセット         500円
  2. トーストセット         500円
  3. バターチキンカレー 850円
  4. サラダバー  × 2        800円

で締めて2,650円。ホテルのオプションの朝食の半分ちょっとの料金ですんだとさ。

IMG 0319

ちなみに。朝、このMUJI Dinnerに行きたい場合は、店舗が開いていないので、ホテルから直接行くことはできず。

IMG 0129
一度外に出てから、裏に回る感じになります。

東京に遊びに行ったら、MUJIホテルを拠点に東京を満喫してみてはいかがでしょうか。個人的にはネタにもなって楽しめましたよ。

MUJI HOTEL GINZA


【編集後記】
昨日は午後から相続税の打合せ。夕方に法人の申告など。相当暑かったので、コーヒーの旨味がいつもの3倍増しでした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
+ICHICAFE ―NAGOYA―