ブログを書き続けるのはとにかく知ってもらうため

つぶやき

ブログを書き続けることのメリットは、知っていただけるということです。

発信しておいて、損はないと感じています。

独立とブログは相性がいいもの

フリーランスとして独立したときに、真っ先に感じたことは「知ってもらうことが必要」だということ。

じぶんにできることがあったとしても、まずは知ってもらわないと仕事は入ってきません。あるとすれば紹介。

知ってもらうためには、とにかく見つけていただく必要があるわけです。

ただ、事務所で毎日仕事をしていたところで、見つけてもらうというのは、なかなかたいへんです。

私の独立1年目というのは、まさにこれでした。

 

そこで、1年目が終わる少し前から、「これはなんとかしないと…」と、ブログを始めてネットの世界に住むことに。

ブログを始めたその後、何があったか?

 

以前に相談会でお会いした方から、ブログのお問合せ経由で税務相談の申し込みがあったのです。(名前で検索していただいたとのこと)

 

ネットの世界に住んでいたことで、何とか見つけていただけました。

 

買っていただくためには、とにかくまずは知ってもらう必要がありますし、見つけていただけるような場所にいる必要があります。

どんな仕事ができる?どんな人なの?

フリーランスは、自分を知ってもらって、選んでいただく必要があります。

その意味で独立とブログは相性がいいと感じています。

ブログには、自分を知っていただくための材料が日々積もり積もっていくからです。

何ができるか?を出す

「何ができるの?」というのを知ってもらわないといけません。

それがメニューだったり、ブログ記事であったり。

メニューに出していれば、依頼をいただけるときはいただけます。

ブログからセミナーにつなげることもありましたし、セミナーやコンサルティングの仕事でご一緒してから半年、1年後に別の仕事…というケースもこれまでにありました。

どんな人か?

 

「どんな人?」というのは、仕事を頼むなら必ず通る疑問です。

ただ、ブログの記事やプロフィールを見ていただければ、どんな人間なのか?はわかっていただけルはず。

少なくとも、わるいやつか、そうでないかくらいは…。

  • どんなことが好きか?
  • どんな行動をしているか?

といったことも自分なりに出しているつもりです。

買っていただくことも、もちろん大事なのですが、まずは個を知っていただかないと始まりません。

なので、見つけていただいたとしても、仕事につながるかどうかはまた別の話です。

ただ、その判断材料を準備しておくことが大事です。

それを日々の記事で積み増ししています。

ブログでは自分らしさは出ちゃうもの

ブログというのは、面白いもので、文章にその人がにじみ出ると言われます。

私もたくさんの発信を見ていて、本当にそのとおりだと思っています。

じぶんが仕事をお願いしたり、セミナーに参加するのも発信を見て決めています。

だから、自分もそういう判断をしていただくのが理想です。

その判断材料もあった方が判断しやすくなると思いますので、ブログも毎日更新も続けています。

 

どんなことができるかを知ってもらうためにも、ブログに自分ができることを書き、知っていただくしかありません。

また、1,000日以上も書いていると、書き始めの頃と今では、書き方、感情の微妙な変化、方向性の変化もあったりします。

そういった意味でも、記事を更新して最新バージョンにしておくことには意味があると感じています。

 

ネット検索で見つけることができ、さらに距離も関係ないブログは、独立した自分を知ってもらうツールとしても、とても相性がいいものです。

 

独立される方には、ブログがおすすめです。ただ、毎日更新そのものは、簡単におすすめはできませんが。

500日間記事を書いてきて言えること「毎日更新はおすすめしない」 それでも続けようと思える5つの理由 | GO for IT 

1,000日間、毎日ブログを書いて身についたなぁと感じたもの | GO for IT 〜 


【編集後記】
昨日は朝からセミナー参加。なるほどーと思うことも多かったです。午後からは私用でそのまま外出でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
おはし


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク