増やすより減らすことの方が難しい ときには強引に・勇気を持って

つぶやき

スポンサードリンク




「うちにはありませんけど…」

独立してから、4年。「うちにはないものがけっこう多いかも…」ということを実感。そのあたりの話をしてみます。

「ありません」は少数派

先日、色々と質問を受ける機会がありました。

「税理士業務実態調査」を受けるときに必ず準備しておきたい3つのもの ひとり税理士Ver. | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

そのときの返答として、何度も同じような回答をしている自分に気づきました。

とあるQ&A
  • 「スタッフの方はいますか?」 →「いません」
  • 「看板はありますか?」→「ありません」
  • 「書棚がありませんが、チェックした資料はありますか?」→「(クラウド保管なので)ありません」
  • 「固定電話はありますか?」→「ありません」
  • 「FAXはありますか?」→「ありません」
  • 「お客様はこちらに来ることはありますか?」→「ありません」

通常は「ある」という回答が多い質問だと思います。

ただ、私のところでは、「ないもの」がいろいろありました。

もちろん、MacとかiPadProとか、あるものもたくさんあるわけですが、そういったツールを使いつつ、不要なものを減らしています。

「うちにはありません」5つの例

もちろん。最初からないものもあるのですが、考えた末になくしたものも多いです。

スタッフ

ひとりなので、いません。

人に教えることが得意じゃない
仕事をつくる必要がある
旅行に行きにくい(性格的に)

といったことから、一緒に働くような方はいません。

看板

看板。看板のプロの方につくってもらったようなものはありません。

その1番の理由は、飛び込み営業があるから。

飛び込み営業の方は看板を見つけては、アポなしで突然やってきます。

事務所を借りていた時は、看板なくても飛び込みで来る方がいましたが、今は皆無です。

もちろん、看板があれば、目につきますし、お客様から仕事いただける可能性は上がるかもしれません。

一方で、ひとりなので増えても数がこなせないラインが早い時期にくるという現実もあります。

なので、現状、看板は置いてません。

看板がないと、仕事ができないという時代でもないでしょうから。

固定電話

固定電話は独立当初、置いてました。

でも、理由は?と聞かれれば、なんとなくです。勤務時代にもあったので…というくらいの理由。

1年置いてみたものの、私は利用することがほとんどなく、解約。

今はSmarTalkという月額無料のIP電話の番号を持っています。何かあれば着信、留守録はPCメールから確認できます。

電話は便利なようでひとり仕事にはつらいアイテム 電話から逃げるためにあえてSMARTalk | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

お客様との連絡は、メールやChatworkがメインなので、特段問題ありません。

その番号は税務署と税理士会だけしか知りません。

ただ、どういうわけか営業からそのIP電話の番号に連絡があることがあります。

FAX

FAXもありません。

固定電話と同様に、「まぁ、とりあえず」と思い設置したのですが、いざ置いてみると、届くのはDMや税理士会の連絡ばかりという現実。

その結果の解約でした。

今日まで「FAXありません」とお伝えしたことは、何度かありますが、「FAXないと困ります」と言われたことはありません。

大抵、代わりにWebゆうびんで郵送するか、メールするかで対応してもらえています。

お客様の来ない事務所

お客様とお会いするときは、外でお会いします。

お客様の自宅、事務所、カフェ、内密な話のときは場所を借りたりなど。

今のところ「事務所に行きたい」というリクエストもないので、このまま継続予定。

増やすより減らす方が難しい

増やすよりもむしろ、減らすことは勇気とパワーがいるように感じます。

特に今まで使っていたものをなくすわけなので、色々手続きは必要にですし、時にはお客様に理解していただく必要もあります。

人の目を気にせず、どこかで「えぃ!」と思い切ってやらないとなかなか変えられません。

人を雇わない以上、増やせないので、逆に不要と感じたものを減らすことも欠かせません。

「えっ?ないんだ?」みたいなどこか残念なムードが漂うことも、ときにはありますが、普通は「ある」ものをなくす選択をしているので、そんな反応も仕方ないと割り切っています。

この場面でこそ、そういった声に自分の軸がぐらつかないかが試されます。

むしろ、人目を気にせず自分なりに必要か必要でないかを選ぶ、人と違うことをやる勇気を持つというのは、ひとりには、いいトレーニングになります。

どんなスタイルかは人それぞれですが、自分の選んだ道に自信を持ちたいものです。


【編集後記】
昨日は午後から相続税申告の打ち合わせ2件。車中暑かったのですが、室内にいることが多くそれほど感じずに助かりました。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
午後に相続の打ち合わせ2件


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク