現金の引き出しが多い場合に相続税の申告で注意したいことを解説

相続税

亡くなった方の相続税申告をする場合、注意したいのは現金や預金です。

ときに足がつきにくいと言われている現金ですが、そうとも限りません。

現金ならわからない…は本当か?

銀行でもマイナンバーを求められることがあるから?

はたまた、現金ならマイナンバーで管理できないからなのか、定かではありませんが、どうも預金から現金を引き出しして、自宅に置いているという家も少なからずあるようです。

でも、相続税の申告では、現金は取り扱い注意です。

現金ならわからんでしょ?と引き出ししたところで、足跡はしっかりついちゃっています。

通帳には、出金がしっかり記録されているのです。

もちろん、それが生活費だということも考えられるのですが、だいたい毎月似たような金額が出金されていることが多いです。

(相続税の税務調査で見つかっているのは、たいていが名義預金や現金です。)

 

近い日で何度も出金されている、大きく預金残高が減っているということであれば、そこには理由があるはずです。

その現金、何に変わっているの?

相続税の申告をするにあたって。

大きな金額を引き出している通帳を見て、想定できることは次のようなものです。

① 姿を変えた

現金を引き出して、何かを買っていれば、違う財産に姿を変えているはずです。

不動産や株式など違う財産として相続財産になっているか。

もし、不動産や株式をすでに売っていれば、その入金も通帳に記帳されているはずで、しっかりと足跡がついているのが通常です。

相続税の申告では?
相続財産として、不動産や株式を計上すれば大丈夫です。

② 使った

もちろん、そのお金を使ったということも考えられます。

大きなお金を出金して使ったとすれば、何に使ったかは、可能な限りわかるようにしておいたほうがいい。

今は覚えているけど、あとになったら「はて?何だっけ?」というのはよくある話です。

それから、親族に贈与していることも想定できます。

年間110万円を超えている場合、贈与税の申告をしているかどうか、は確認しておくべきです。

相続税の申告では?
何に使ったのかは、できるだけメモしておきましょう。税務調査がきたときに説明できるかどうかは心理的に大きな差になります。

③ そのまま

現金を引き出して、タンスにいれてある、貸金庫にいれてあるというのもよくある話。

この場合がいちばん要注意です。

なぜなら、「現金ならわからんでしょ?」となりやすいからです。

貸金庫にいれてあれば、バレないと思うかもしれませんが、そうそうカンタンではありません。

やっぱり通帳を見れば、わかるのです。

貸金庫手数料は通帳から引き落としになっているのが通常。

これがあれば、貸金庫はチェックされると思って間違い無いでしょう。

隠していることが発覚した場合には、特別に重い税金(重加算税)を払う可能性もあるので要注意です。

相続税の申告では?
現金として相続財産に含めておけば、大丈夫です。

相続開始直前の出金にご注意

よくあるのが、相続直前に出金しているケース。

相続があった日の1日前に大きな出金をしていた場合、そのお金をそれこそたった1日で使えるというのは、他の財産を買っていないと難しく、そのほとんどを現金で持っている可能性が高いです。

そうなると、預金残高としては減っていても、やはり現金として相続財産として申告するべきでしょう。

相続日に家族が葬式代を引き出しているようなケースも同様です。

 

税務調査があったときに慌てないためには、このように先に手を打っておくことが大事。

通帳など預金取引の履歴を見て、出金額が大きいものを拾って、それぞれ何のために出金したのか?をわかる範囲で、チェックしておくのがおすすめです。

 


【編集後記】
昨日はオフ。午前中はオフ会の告知を作成。午後から外出。長女(10)の絵が入選したということで、市役所へ。すると家族4人の顔と虹色の風船の絵が貼られていました。わたしは小学生の頃、入選したという経験がなく、妻と2人で、すごいじゃん!とただただ驚くばかりでした。(親バカ)

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
RHCカフェ
オフ会の告知

【オフ会のお知らせ】
3/13にブログ読者向けのオフ会を開催します。
→ 3/13 確定申告の繁忙期にあえてオフ会!


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク