「迷惑電話がどうしてかかってくるか?」を検証した末に… 声に出した方がいいと思ったこと

つぶやき

スポンサードリンク




税理士にもかかってくる特有の営業電話があります。紹介会社とか、不動産買いませんか?なんてのも…。

この迷惑電話、どうしたら減るのか?について考えてみました。

電話に出なくても残るモノ

 

普段、電話で連絡することは、ほとんどありません。

ネットにも公開していないし、お客様との連絡はメールやチャットワーク。

でも、電話ってかかってきます。(マナーにしたままなので、着信時はまず気づきません。)

わたしも税理士という仕事をしているので、税理士用の電話番号が必要で、税務署と連絡したり、提出する書類に記載する専用のIP電話の番号を持っています。

電話は便利なようでひとり仕事にはつらいアイテム 電話から逃げるためにあえてSMARTalk

2017年12月24日

そこに着信があります。

IP電話にかかってくるとしたら税務署(電話しか連絡手段がない)か税○○会のみのはず。

 

でも、そのほかにIP電話に着信が残る「050-」から始まるナゾの電話番号。

 

最近、特に多いような気がします。

その結果、残るのは、着歴、メールとたまに留守電です。(基本スルー)

どうして電話がかかってくる?

そもそも、どうしてIP電話にかかってくるのか?を考えてみると、次の2つが考えられます。

① 何かのサービスの契約をするときに書いた電話番号?

いろんなサービスを契約していると、電話番号ってまだまだ求められます。

でも、そういうケースでいつも使っているのはスマホの電話番号。(固定電話ないので)

だから違うでしょうね。

② 名簿が売られている?

うーん、これはこれであり得る話です。名簿とか?

噂はよく聞くけど、これは何ともいえないです。

 

答えは営業の留守電に… あのサイトは誰トクなの??

 

その答えは、迷惑営業マンが残した留守電で発覚することに。

「当社、○○○と申します。○○税○○○○会の○○○…を見て連絡させて頂きましたー。」

「何を見て連絡してきたの?」、ってよく聞かれるんでしょうね。

だから聞いてもいないのに、留守電で高らかに宣言していました。

 

ということで、やっぱり犯人はアレ(税理士ならわかるはずのアレ。)でした。何となく予想していましたけど。

 

そもそもアレは何であるんでしょうか?税理士を探すため?(あれじゃあ、どんな税理士かがまったくわかりませんし…)

電話番号を必須情報にすること望んでいる税理士っているのかな?

 

なんてことを思うわけです。

 

税理士に仕事をお願いしたい方は、きっとGoogleなどで検索して、HPやブログで人やサービスを見て探すはず。

私がその立場なら、絶対そうしますけどね。

 

本サイトにて提供している情報を転載・商業利用することを固く禁じます

…と書いてても結局、迷惑営業に使われるのがオチかと。

 

ということで。

 

「 税○○会さま、あのサイトやめませんかね?」

 

と言ってもきっと、このブログの声は届かないとは思いますが…、とりあえず声に出しておこうかと。

 


【編集後記】
昨日は朝、長男(3)を幼稚園に送りました。私服なので、私が園に送って帰ろうとしたとき、「○○ちゃん、お父さん今日お休みなのー?」って先生が長男(3)に聞いていましたが、その長男(3)は「今からお仕事だよ」と答えてました。「よく言った!いいぞ息子よ!」とひとりで感動…。で、そのあとは確定申告を中心にちゃんと仕事しました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
メンチカツ丼定食


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク