独立した結果、祝日や長期休暇にうとくなったという事実

スポンサードリンク




独立してから変わったこと。私の場合でいえば、祝日や長期休暇にうとくなったということです。

平日なら仕事をしていますし、普段から平日にもプライベートの予定を入れることもあるので、問題ありません。

『お盆休みっていつまで?』

先週から『お盆休みっていつまで?』と聞かれることが多いです。

たいてい会社で仕事をしていれば、お盆休みがありますし、個人で仕事をしている方でも、「お客様が休みだから、仕事できないし」とお盆の期間を休みにしていることも多いです。

 

もちろん、私も独立する前は、お盆休みがありましたし、楽しみでもありました。

有給休暇などもあるにはありましたが、なんとなく取りにくかったですし、休んでいても仕事のことが気になったりということも。

 

また、独立した当初は、サラリーマンのときの感覚が残っていて、

「平日の昼間に髪をカットしてもらってていいの?」

「平日の昼間に旅行行ってていいの?」

「平日の昼間に歯医者行ってていいの?」

といった戸惑いもあり、なかなか慣れませんでしたが、この辺りも毎年の訓練で慣れてきたところです。

 

冒頭の質問には「お盆休みとかは、特に決めてないです。」とお答えしています。

 

それから、お客様にはお盆休みがありますから、基本、こちらから連絡することはありません。

お休み中に連絡しては申し訳ないですし。

何かあれば、メールを送っていただければ、という感じにしています。

 

 

独立すると祝日、長期休暇にうとくなる

独立して感じているのは、いわゆるGW、お盆、年末年始という長期の休みにうとくなったということ。

 

サラリーマンの頃は、祝日やGW、お盆、年末年始など休みの日を早々にチェックして、「今日頑張れば、明日は休みだ〜」とその日が来るのを楽しみにしていました。

 

今はというと。「明日は祝日だよ」と言われると、「あぁ、そうだっけ」ということもよくあります。

いいんだか、悪いんだかわかりませんが、本当のことです。

 

土日は基本、仕事をしないで、プライベートの予定を入れるようにしているのですが、お盆などは、平日なら仕事しています。

 

1日に仕事の予定もプライベートの予定もあるのが独立

と言っても、1日中仕事をしているというわけでもありません。

プライベートの予定を入れることもあります。

最近だと、独立した友人が帰郷すると聞き、会いに行きましたし、子どもが夏休みだからと平日に旅行に出ることもあります。

 

ただ、これはお盆などに限ったことではなく、通常の平日でも同じです。

 

「変なホテル」と「三鷹の森ジブリ美術館」 スタッフが本当に必要かどうか?を考えてみた

2018.07.28

 

サラリーマンのときは、

  • 平日 → 仕事
  • 祝日、長期休暇 → プライベート

でした。

これが独立すると、

  • 平日 → 仕事&プライベート
  • 祝日、長期休暇 → 仕事&プライベート

という感じになりました。

 

独立してからは、サラリーマンのときにはなかった、平日にプライベートで行動することが普通にあります。

逆をいえば、お盆やGW、年末年始は、長期休暇という感じにはしていないということです。

 

独立して、お盆やGW、年末年始にうとくなったのは、平日にも仕事でも、プライベートでも行動するようになったことが大きいです。

 

長期休暇、いいんでしょうけど、私の場合には仕事モードに戻すのが、かえって大変だったりするので。

 

自分にあった仕事の環境を選び続ける あわなければ変えればいい 

2018.08.12

【編集後記】
昨日は午前中から実家へ。長男(3)が朝から熱があったので、長女(9)と2人だけで。妹家族も含めて食事したあと、人生初のスイカ割りを体験。やってみると意外と難しく、地面を思いっきり叩く結果に…。午後からは仕事、ブログ、読書など。

昨日読んだのは、税理士ブロガー仲間の戸村さんの本。会計や決算書どう語るかという視点、とても参考になりました。(検地とか)

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スイカ割り
YouTube カスタムぼかし


スポンサードリンク