仕事と休みが同居する生活なので年末の休みを聞かれて戸惑った話

独立

スポンサードリンク




この時期になるとよくある「年末の休みはいつから?」という会話。

ただ、独立した私にとってある意味では、年末休みはありません。ほぼいつもどおりです。

「年末休みはいつから?」

12月20日、年末です。

勤務している頃は、祝日、休日、年末年始の休みには本当にアンテナが高かったです。

毎月月初には、祝日がないかチェックしていましたし、その嗅覚は相当のものだったかと。

 

ただ、独立してからは、この休みのアンテナをつかうことはほぼなくなりました。

「あ、明日は祝日なんだ。」と前日になってから気づくことが多いくらいで…。

 

で、年末近くになると、よくでるネタとして「年末の休みはいつから?」

ここ数日、そういうある種、当然の会話が出るわけですが、私は戸惑ってしまいました。

 

年末年始の休み、特にいつからいつまでというのはそれほど意識していないからです。

意識しなくなりました。

正月は実家に帰るので休みを取ることにしていますが、他のことは特に決めていません。

 

仕事とプライベートが同居するスタイル

休みのアンテナの感度がすっかり悪くなった原因は、普段の仕事のやり方が変わったのが大きいかと。

 

独立する前は、平日はずっと仕事、プライベートの予定は土日や祝日にするという感じでした。

だから休みのアンテナの感度もよかったわけです。

 

今は平日でもずっと仕事をするというわけでもありません。

日によっては仕事をして夕方から歯医者に出かける、朝、カットをしてから、午後から仕事をするという感じで、仕事とプライベートの予定を入れていることもあります。

来週は子どもが冬休みなので、来週、平日に長男(3)と映画を観に行く予定です。(休みは混むので)

 

そういう意味でも独立後に生活リズムは大きく変わったと言えます。

年末も年始もやること

世の中では年末年始とは休みです。

私はお客様と会わなくても、少なくとも毎日やると決めている、経理やタイピングなどはやる予定ですし、ブログも毎日書いているので、年末も年始もいまのところ書く予定です。

 

(と言ったら、お客様には驚かれましたが…)

 

それ以外にも、やりたいことが色々あるので、それをやろうかと思っています。

もちろん、家族のイベント、友人と会うといったことがあれば、それも楽しみつつではありますけど。

仕事とプライベートが同居する生活になったので、普段とそれほど変わらず、年末年始も同じ感じでフラットになっています。

土日はオフというのもいつもどおりです。

私の場合、長く休むとまたエンジンがかかるまでに時間もかかりますので、毎日やることがあるというのはかえってよかったりします。

 

こんな感じになるというのは、独立前は予想していませんでしたけど、自分にはあっていると感じています。

 


【編集後記】
昨日は午前中に年末調整などを中心に。午後から保険の契約見直し、そのあとは新規の法人のお客様と打ち合わせでした。そういえば、先日実家に帰ったら両親がAmazonでスマートウォッチを買っていました。「これで歩いたり、身体もチェックするんだ」なんて得意げに話していましたので、まだまだ長生きしてくれそうです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
amazonの集荷サービス着払いネット手続き


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク