Excelマクロ超入門 マクロを使ってもらうときにやっておきたいこと

Excelマクロ入門

スポンサードリンク




マクロを使うと処理量が多いデータなども一瞬で処理できるので便利です。

さらにボタンを設置することで、他の方にもマクロを使っていただくこともできます。

マクロを書くならalt+F11

Excelでマクロを書くときには、altキーとF11キーを同時に押して、VBEを起動します。

こういった画面になり、この白い画面にプログラムを書いていきます。


書いたプログラムを実行するときには、この画面を開いた状態であればF5をクリック。

で、1行ずつ確認しながら実行する場合には、F8をクリックします。

とりあえず、F5をクリックして、もし記述間違いがあるとメッセージが出てきます。

このときにデバックをクリックすると、ミスがあるところが黄色に反転するので、

チェックして、修正しています。

今回のケースでは[Value]が[Vale]になっていたのでスペルがおかしかったということです。

こんな感じで書き方は色々あるものの、正確に書かないと、マクロは動いてくれません。

節税か?お金か? Excelマクロを使った法人税のシミュレーション

2018.10.23

Excel VBA超入門 マクロを書いてみたい人集合! 仕事ときどきアウトプットがおすすめ

2018.04.25

Excelの画面のままマクロを動かすには?

自分で操作する場合には、VBEの画面を出しておいても問題ないのですが、他の人にマクロの入ったシートを使ってもらう場合などは、わかるようにしておく必要があります。

いくつかある方法のうちの1つはボタンを設置すること。

こういった形でExcel上にボタンを置いて、

このボタンをクリックすると、マクロを動かすことができます。

マクロを使わない人が操作する場合にも、こういったボタンがあれば、操作は難しくありません。

補足
他にもAltキー+F8で実行する、ショートカットキーを設定するといった方法もあります。

マクロ実行ボタンを設定するには

マクロボタンを設定するには、開発タブを表示させておくことが必要です。

挿入→フォームコントロールで、ボタンを選択します。ボタンを置きたい場所で□をつくってみると、

マクロの登録画面に切り替わるので、今回使いたいマクロを選択しましょう。

あとは、ボタンのテキストを変更しておきましょう。ここでは、「計算する」にしておきます。

こうすることで、マクロを使わない方にもマクロを使ってもらえるようになります。

「誰が使うのか?」によって設定を変えることができるのもExcelの使いやすいところです。


【編集後記】
昨日は名古屋で新しいネタのセミナーを開催。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。次回は12/4(火)に東京で開催予定です。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
「法人メインの税理士におくる社長から聞かれる相続税10のコト」セミナー開催
ブルースター会議室
隠れ屋個室 献 名駅店


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク