繁忙期とは戦わずに逃げまくる たとえそれが確定申告時期でも

つぶやき

スポンサードリンク




独立してから、繁忙期と出会わないようにしています。

繁忙期に出会わないように、繁忙期と言われる時期から逃げまくっています。

繁忙期は毎年冬にやって来る?

税理士業界では、12月から3月にかけての期間はいわゆる繁忙期。

勤務しているころも、12月から残業がちょいちょいありました。

さらに2月中旬から3月15日までは土曜日出勤も。

特に休日出勤はいやで前倒しでしごとしていました。

ある程度前倒しで資料を預かったりして、確定申告時期の負担を減らすようにしていました。

それでも勤務している以上、「仕事ないなら繁忙期、休んでいいよ」とはなりませんでしたが。

一方で、独立した今は繁忙期というものから逃げ続けています。

業界の常識に流されないで

「確定申告の時期には残業、当たり前でしょ?」

「この時期に残業しないなんて、どうかしてる?」

なんて思う人も多いかと。

 

ただ、個人的には、やり方次第かなと思っています。

まとめてやるから大変なのであって、前もって分散して対処していれば、確定申告の時期に慌てなくてもすみます。

もちろん、お客様に理解してもらうことも必要でしょう。

件数が増えれば、売上は増えるのかもしれませんが、結果、自分の好きなことをする時間が減ります。

 

夜中まで仕事をしたからといって、時間をかけたからいいとは限りません。

ミスも出やすいでしょうし、次の日に影響しては意味がありません。

仕事もしつつ、休む時間、好きな時間も入れるというのが一番いいと感じています。

 

独立してからは、夜遅くまで仕事をすることはありません。確定申告時期も残業はしていません。

このことは個人的に、毎年戦っていることでもあります。

残業しないために逃げる!自分のために使える時間を探してみる!

2017.04.16

そのために「どんな仕事をやるか」も考えています。

例えば入力の仕事は積極的に受け付けていません。

やれば売上は増えるのかもしれませんが…、仕事に追われるのはやっぱり苦手なので。

仕事のやり方を工夫する

工夫次第で負担も減らすことができます。

出来るだけデータでもらうとか、個人の申告の量を考えるといったことも必要でしょう。

一度目は大変でも2度目、3度目となると、何か工夫できないかと考えるようになります。

データ連携、Excelデータを使ってインポートするなど、データなら、工夫できる選択肢も出てきます。

分析もしやすかったりします。

経理をラクにするために使っておきたいExcelショートカット10個

2018.05.08

会計データのExcelインポート入門 経理を楽にするためにやってみよう

2018.03.25

UiPath × Webゆうびん 税務署への郵送をロボットにお願いするには?

2018.08.13

店舗別売上の集計はExcelのピボットテーブルが便利 いろんな角度からの集計が一瞬でできる

2016.09.28

 

会計ソフト以外でもどんなことができるのかも知っておくと、結構活かせることも多いです。

工夫するにも習得するまでに時間がかかることも多いのですが、残業しない、繁忙期をつくらないということで考えると、モトは取れます。

「繁忙期をつくらないようにするには分散することから。」と今年の自分にも言い聞かせながら今日はこの辺で。


【編集後記】
昨日は午後から研修に参加。色々ネタの収穫もありました。そのあとは12月のセミナーのスケジュール調整などを。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Echo SpotでKindle


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク