ひとり仕事になって減らした2つの仕事・考えるために増やした4つの仕事

つぶやき

スポンサードリンク




独立前と独立後でやるしごとが大きく変わりました。

 

現在、自分で選んでいる仕事はどれも考える時間が必要な仕事です。

ひとりでできる仕事は限られる

独立すると、どんな仕事をやるか、どのようにやるかを決めるのは自分です。

もちろん、どれだけの時間を仕事に使うかもです。

独立当初、たまに残業をすることもありましたが、まもなく残業をしないようにしました。

そうして仕事の時間の終わりを最大で18時30分までと決めたことで、1日に使える時間にも限りがあるということを身をもって気づきました。

人を雇っていれば、仕事をお願いすることもできますが、雇わない道を選んでいます。

となると、やるべき仕事とやらない仕事を決める必要があるわけです。

独立してからやめた仕事2つ

独立前の苦い経験もあり、独立してからやらないと決めていた仕事があります。

  1. 入力メインの仕事
  2. 割に合わない仕事

①入力メインの仕事

領収書を見て会計入力するというのが時間もかかり苦手です。

そのため入力の仕事は受けていません。

今やクラウド会計でデータ連携できるので少なくなりましたし、Excelでのインポートもできます。

クラウド会計は本当に信頼できるのか? 人の判断はまだまだ必要

2018.03.12

経理を楽にするために毎日データを集めることから始めよう クラウド会計活用のすすめ

2017.07.31

Excel×経理 ショートカットキーを弥生インポートを使って練習してみよう

2018.04.06

会計データのExcelインポート入門 経理を楽にするためにやってみよう

2018.03.25

AIで減る仕事ともされています。

そういう仕事は最初から受けないようにして、違う仕事で貢献することを考えます。

②割りに合わない仕事

割りに合わない仕事というのは、やっていることと料金があっていない仕事もそうですが、それ以外にも料金はそれなりでも、心理的な負担があるというような仕事も含みます。

例えば、経理を重要と考えていないお客様であれば、お手伝いできると感じるものはなく、それが心理的にも負担になります。

そういう仕事であれば、お役に立てませんので、お断りをするようにしています。

安売りはひとり仕事には厳禁です。

独立してから増えた仕事は「考える仕事」

逆に独立してからやっている仕事もあります。

そのすべてに共通するのは、「考える仕事」であるということ。

ひとりで仕事をするようになって感じたのは、考える時間は確実に必要ということです。

増えた仕事
  1. 書く仕事
  2. 話す仕事
  3. 読む仕事
  4. スキルを磨く仕事

① 書く仕事

書く。

説明する文書、提案書を作るという仕事は独立前でもやっていたのですが、ここでいう書く仕事はそれではありません。

ブログを中心とする書く仕事です。

もちろん、独立前はやったことのない仕事。

書くというのは必要なスキルだと感じているものの、最初から書けるはずもなく…。

だからこそ、毎日ブログを更新して、そのスキルを磨いています。

ブログを書き続けて700記事 2,000時間かけた効果はあったのか?

2018.04.26

テクニックに走らず、自分の考えていること、体験したことを出すようにしています。

ときにぶっちゃけネタを書くこともあるのですが、これも自分を出す、いい訓練です。

ブログでやってみる自分を出していくことの練習 

2018.02.12

②伝える仕事

税金の話はむずかしく、専門的になりがちです。

研修に参加してみてもむずかしい方が評価されるくらいのむずかしい内容だったりします。

そうではなく、できるだけわかりやすく伝えるか、というスキルを磨きたいと思っています。

具体的には、セミナーなどの話す仕事。

よりわかりやすくするためにはどうすればいいか?何かしら行動してもらえるにはどうしたらいいか?ということを意識してパワポの資料も作っています。

もちろん、自分が伝えてもらう側として他の方のセミナーに参加し、どう伝えているかという点を学ぶこともやっています。

セミナーに参加するなら「損するかも…」は捨てる 「お金で損」<「気づけない損」

2018.04.13

伝えたいことはみんなパワポを使って説明してきた!

2018.01.26

③読む仕事

読む仕事。

ひとりであれば、自分を磨くための行動も欠かせません。

そのひとつが読書。

勤務していたらなかなか時間中に読書というわけにも行かないのでしょうけど。

独立前に比べると読む冊数も増えました。

また、その読んだ内容を何か1つでもアウトプットできるというのもひとり仕事のメリットです。

読書を仕事に取り入れるというのも、読んだ本からヒントをもらっています。

レバレッジ・リーディングを読んでみた ビジネス書をたくさん読みたいならオススメの1冊

2016.09.17

「ストレングス・ファインダー 2.0」が自分の強みとその活かし方を教えてくれた

2017.04.15

④スキルを磨く仕事

ひとり仕事なら効率化は必要です。

その効率化で即効性があるのは、PCスキルです。

Excelやタイピング、ブログカスタマイズをはじめとするITスキルは日々磨いています。

Excel VBA超入門 住所から県名を取り出すには? できそうなことからやってみるのがいい

2018.05.30

1日に何時間もやるのではなく、少しずつ続けるようにしています。

まとめ

独立したら、どんな仕事をするかはよく考えるべきです。

私が選んだのは、考える要素のある仕事。考えることで自分の思考も磨かれます。

スキルを磨くというのも、思考が必要な仕事です。「どう処理したら一番いいか?」など。

 

その仕事の選び方によっては、時間もかかり結果として仕事に追われることになってしまいます。

新しい仕事をするために自分を磨く時間も必要、さらにひとり仕事なら受けることのできる数が決まっている以上、安易な値引きはN.Gです。

 


【編集後記】
昨日はセミナー資料を作成。資料もほぼ出来上がってきました。日曜日が楽しみです。夜はW杯コロンビア戦を観戦しました。

【W杯ひとりごと】→期間限定
昨日のコロンビア戦レビュー。試合開始早々のPK、今回は退場で10人になったことで、①采配上、素早いクアドラードをやむなくベンチに下げるしかなかった②ハメスが入って逆にチームの運動量が落ちた③エースのファルカオにほとんど仕事をさせなかった、といったことが大きかった。前評判があっても運もあり、やってみないと本当にわからない、改めてサッカーの魅力を感じた試合でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ファミリーマート 豊明インター店


スポンサードリンク