フリーランスによくある「こんなはずじゃなかった…」 気をつけたい『3つの失敗』

フリーランス

スポンサードリンク




フリーランスになれば、自分の行動にあれこれいう人はいません。その代わり、自分でキッチリと管理していくことも必要です。

 

やるべきこと、やらないことなどを決めておかないと「こんなはずじゃあ…。」という結果になってしまいます。

独立して初めて経験することは多い

独立すると、サラリーマン時代には経験しなかったことをたくさん経験します。

経験することの多くがそれまでにやっていなかったことです。

  • 自分の経理
  • 値付け
  • メニュー
  • ネット世界に住む(ブログ)
  • 営業
  • 確定申告
  • 請求書発行
  • 環境を整える(税務ソフトを買うとか)
  • ITに投資
  • 自分へ投資(これはちょっとやってた)
  • お金を使う

こういったこと以外にも、独立して初めてやることはあり、「違ったなぁ」と思い、変えたこともいくつもあります。

まぁ、すぐに変えられるのがフリーランスの強みでもありますが。

フリーランスによくある3つの『こんなはずじゃなかった』

フリーランスになって気をつけたいは色々あるのですが、例えば、こういうことは避けるようにしています。

  1. 仕事に追われる
  2. 入金までチェックする
  3. 値引きをしない

<失敗1>仕事に追われる

フリーランスは「食べていけるか?」という不安も抱えています。

売上が年々増えればいいのですが、必要以上に仕事を受けない、やらない仕事を決めています。

「仕事があるよ」「記帳代行して」といった依頼があり、東に西に顔を出して、仕事を引き受ければ、売上は増えるのでしょうが、その代わりに失うものも出てきます。

それは時間です。仕事に追われることになれば、自分のやりたいことはできなくなります。

なので、私もフリーランスの1人として、仕事を抱えすぎないようにしています。

何よりも残業が苦手ですし、自分の時間、家族や友人との時間も欲しいです。

 

その分売上は下がるでしょうが、それは仕方ありません。

食べていくためにも仕事の時間はもちろん必要なのですが、自分を磨く時間も必要です。

読書、セミナー、PCスキルを磨いたりという時間もつくるべき。

そうしないと、できることは、ただただ狭くなるばかりです。

 

<失敗2>入金まで確認しない

フリーランスになると、売上のルールも自分で決めます。

料金をいくらにするか、いつお金をもらうかなどです。(月末締めのよく月末支払いとか、当月分を当月にもらうとか、あるいは仕事をする前にもらうかなどです。)

仕事をしたものの、お金をもらう期日になってもお金が入ってこない場合もあるわけです。

さらに、経理をしていないと、そもそも入金がないということにも気づけません。

 

そうならないように経理をするべきです。

入金日になっても売上代金が入ってこないことを確認したら、すぐに確認する。

あるいは、前もってお金をもらってから仕事をするといったことをおすすめしています。

 

私も仕事をした後にお金をもらうというのは、できるだけ少なくしています。

フリーランスであれば、サービスをしたときに売上を計上するのですが、お金をもらうところまでいって、初めて「売上」だと考えておきましょう。

 

<失敗3>利益出ているはずなのに

今月は結構仕事が入っていたから、利益出ているかと。

そう思っていたものの、いざ利益を見ると利益がほとんどありません。

よくよく考えると、仕事受けていたものの、値引きも結構していたなぁと。

なんとなくお客さんから「もうちょっと安くしてよ。」と言われて、軽い気持ちで値引きをしたものの、これがフリーランスにとっては、大打撃になります。

サラリーマンのときの感覚で値引きをすると、それが今後の値段になってしまいますし、大きな痛手になります。

フリーランスなら、値引きは大ケガをする。値引きを頼まれないような対策も必要です。

 

失敗したら変えればいい でも覚悟は必要

失敗していると気づいたら、軌道修正すればいいというのは、フリーランスの強みです。

自分の決断一つでやり方を変えることができます。

前述のような失敗を変えようと思っていても、

  • 値引きをせまってくる
  • お金の入金がルーズ
  • 無理な仕事を依頼してくる

いうことであれば、もうお客様ではないでしょう。

私も独立してから、値引きを断っています。(もともと安かったですが)その後解約でしたが仕方ありません。

さらに勤務時代からのお客様で、入金がなかなかされないお客様、独立するときにお断りしてきています。

 

フリーランスでやると決めた以上は、「こんなはずじゃなかった」にならないために、そういう決断もしてきています。

覚悟は必要で、自分なりのルールを決めておきましょう。

 


【編集後記】
東京と大阪のセミナー用の会議室を探していましたが、会場の場所、人数、大きさから適当なところがなかなか見つからず苦戦…。(参加者の方がどこならアクセスしやすいかなとか考えたり。特に大阪は。)まぁ、これも経験。何度か会議室の予約もやっているので、少しずつ慣れてきたような気はするのですが。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
大阪のセミナー会場予約


スポンサードリンク