Microsoft Office365 Soloを契約してみた 仕事を楽しむには、まずは楽しめる環境を

スポンサードリンク




Office365 soloを契約してみました。

フリーランスにとってはオトクなサービスだと感じています。

フリーランスは仕事の環境を自分でつくる

仕事ではパソコンを使わない日は、まずありません。

特にExcel、PowerPoint、Dropbox、Evernoteといったところは欠かせません。

1日に仕事に使える時間は限られます。

すべての仕事を自分でやる必要がありますし、

仕事の効率化を求めるのであれば、その環境は自分でつくっていく必要があります。

また、その環境で楽しめることも重視していますし、そのための投資は必要だと考えています。

DropboxやEvernoteについては自分にとって必要だと考え、自分の環境にセッティングしてきました

 

また、マウスも先日新たに購入。

 

そして、今回ExcelやPowerPointでも、常に最新のものを使っていたいと、Office365 Soloを契約してみました。

Office365 Soloとは

Office365 Soloは、年間契約をすることによって、いつでも最新のOfficeを使うことができるサービス。

バージョンアップがあれば、オンラインでアップデートが行われるので、新しいパッケージを買ってインストールをする必要がないのです。

あとはストレージサービスであるOneDriveが1TB利用できることも大きな魅力です。(無料の場合には5GBまで)

契約すると、2台のWindowsパソコンまたはMacと、2台のタブレットやスマートフォンでOfficeを使えるようになります。

タブレットやスマホではExcelやパワポを使っていないのですが、パソコンで2台使えれば、私の場合は間に合います。

今回はamazonで購入。Microsoftで買うより安いです。通常の2%Offでしたが、たまにキャンペーンもやってます。

体験版もあり、試しに使ってみてからでもいいですね。

Microsoft Office365 Solo

楽しめる環境があればアウトプットもより楽しめる

環境ができても、使わなければ意味がありません。

投資したからには、どんどん活用していくべきです。

自分が知らないことがあれば、他からインプット→アウトプットして、自分のものにする。

例えば、Excelの場合、最新版であるExcel2016ならではの機能もあり、投資する価値はあります。

ブログの記事でもExcelを始めとするITネタを書いているのは、アウトプットをするためでもあります。

楽しんで仕事を、アウトプットをするためには、まずは楽しめるための環境をつくってみることも効果的だと考えています。

【編集後記】
昨日は1日事務所で法人の決算など。夕方から打合せ、決算の概要を説明。自分の経理も数字を見やすくするためにいろいろ整理しました。^_^


スポンサードリンク




相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。