キーワードは「ざっくり」 伝えるときには「正確さ」を捨ててみる

セミナー・プレゼン

伝えるスキルは磨いておいて損はないでしょう。

エスパルスドリームプラザにて  わかりやすく伝えるためにはどうすればいいのか。

これからも継続して求められるものであり、私も磨いておきたいと考えています。

どうやって伝えるか?

仕事上、説明する場面は結構あります。

  • お客様と月次の数字を見ながら
  • 決算状況の説明
  • お金の動きはどうか?
  • 質問に対して回答する
  • セミナーで話をする

パッと思いつくだけでもこれだけあります。

「伝える仕事」であれば、聞き手に理解して頂くことが必要なわけです。

聞き手に伝わる説明をするにはどうしたらいいのか?

この回答は色々あるのでしょうが、私の回答は細かい点を省いて、「ざっくり」伝えるというものです。

伝えるために正確さを捨てる

正確性を求めると、聞き手にとっては、わかりにくいものになってしまい、逆にわかりやすいようにするなら正確性は失われます。

反比例のような関係。

例えば、決算書を作成する、税金を計算するというのであれば、きっちりと、といった正確性は必須でしょう。

ただ、決算の状況、お金の動きなどを説明して、理解してもらうのに1円単位まで必要かとなれば、これは不要でしょう。

内容が伝われば充分で、正確に伝えようとすると、その分話が長くなって、何が言いたいのかわからなくなります。

これでは聞き手に伝わるはずもなく。

どちらかを取るならば、正確性を捨てて、わかりやすさ、「ざっくり」を重視したいです。

シンプルに「ざっくり」こそが聞き手に伝わると考えています。

数字の話、税金の話を細かく説明しても、拒絶反応を示されるだけで、これをいかに噛み砕いて説明するかということが問われます。

もちろん、聞き手の立場を考えて、できるだけ専門用語を使わない、略語を使わない、といった配慮は必要でしょう。

イメージで伝えてみる

説明するといっても、口頭だけの説明では伝わりにくい場合があることも事実です。

そういった場合にはイメージで伝えることはおすすめです。

セミナーならパワポの資料であったり、数字のことならグラフであったり。

売上や利益の推移を数字だけで見ていたら、見えにくい、伝えてもわかりにくいこともグラフにしてみれば、イメージでも伝えることができます。

口頭での説明だけよりも印象に残りますし。

私自身もグラフや写真を使ったりと手を変え、品を変えどうしたらより伝わるかを研究しています。

まずは細かく伝えようとしないで、「ざっくり」で伝えてみましょう。

さらにイメージで伝えることもおすすめです。こういった効果は日々感じているものです。


【編集後記】
昨日は午前中にジムへ。そして午後は長女(8)の水泳の練習に近所のプールへ。バタ足ができるようになったのを見せたかったみたいです。さらに目標のスタートの壁キックがなんとかできてよかったです。その後は外出。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ

大阪 黒豆マドレーヌ ええもんちい
聖護院 八つ橋
Mt.RAINIER マカダミアナッツモカ